足柄版 掲載号:2011年10月15日号
  • googleplus
  • LINE

開成町 "弥一芋(やいちいも)"を特産品に 農家有志らが復活プロジェクト

社会

掘りたての弥一芋を手にする遠藤会長
掘りたての弥一芋を手にする遠藤会長

 戦前まで関東一円で栽培されていたサトイモ「弥一芋」を復活させて地域の特産品にしようと、開成町の農家有志からなる「開成弥一芋研究会」(遠藤将光会長)らが取り組んでいる。

 「弥一芋」は、明治36年に同町金井島出身の高井弥一郎氏が常念寺(小田原市)の住職から種芋を譲り受け、栽培したのが始まり。味が良かったため親戚や近隣に配ったことで一気に広まった。戦後は新しい品種に押されて生産量が激減し、同町でも生産している農家はごくわずかになっていた。

 遠藤会長らは「美味しくて町に由来がある弥一芋を復活させよう」と2009年から取り組みをスタート。県の農業技術センターに保存されていた種芋を譲り受けて作付けし、町内の消費者団体などを招いた食味調査を実施して高評価を得た。今年6月に正式に会を発足し、10月9日に開催された日曜朝市「マルシェ・かいせい」で初出荷販売を行った。酒造や飲食店組合と協力し、弥一芋を使った焼酎や調理方法の開発も進められている。遠藤会長は「生産者全員が結束して栽培方法などを学び合い、系統や味にこだわっていくことで、町の特産品に育てていきたい」と話している。
 

足柄版のトップニュース最新6件

副市長に県OB起用へ

南足柄市

副市長に県OB起用へ

3月17日号

ゆいスポが法人化

松田町・総合型地域スポーツクラブ

ゆいスポが法人化

3月17日号

3選出馬を表明

山北町湯川町長

3選出馬を表明

3月10日号

進まぬ住宅の耐震化

新ご当地グルメ考案

南足柄市地域活性化

新ご当地グルメ考案

3月3日号

複合施設に再生へ

松田町民文化センター

複合施設に再生へ

3月3日号

医療から介護まで

介護スタッフ、調理補助、薬剤師募集中 託児所あります

http://youfuukai.or.jp/

<PR>

足柄版の関連リンク

あっとほーむデスク

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

足柄版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月17日号

お問い合わせ

外部リンク