足柄版 掲載号:2014年6月14日号 エリアトップへ

金時山 登山者が増加傾向 富士山の世界遺産登録も影響か

掲載号:2014年6月14日号

  • LINE
  • hatena
富士山を裾野から一望できる山頂には休日になると多くの登山客が訪れる=写真提供南足柄市
富士山を裾野から一望できる山頂には休日になると多くの登山客が訪れる=写真提供南足柄市

 神奈川県と静岡県の県境にあり、富士箱根伊豆国立公園に指定されている金時山(標高1212m)の登山者数が増加傾向にあることが環境省の調査でわかった。2013年度には調査開始以降最高の約14万人が登頂している。

 この調査は金時山を含む富士箱根伊豆国立公園を管理する環境省が、金時山の山頂にバイオトイレ(おがくず処理)を設置する際、トイレの適正な維持管理のために正確な登山者数を把握することを目的に10年4月から行われていたもの。

 調査方法は「公時神社・矢倉沢峠コース」(箱根町側)、「乙女峠コース」(御殿場市側)、「足柄峠コース」(南足柄市側)の3つの登山道の山頂付近に、赤外線カウンターを設置。カウンターが濃い霧に反応する誤作動などを差し引いて登山者数を推測している。

 10年度の調査開始時に12万3985人だった登山者数は、震災の影響から一時は11万8174人まで落ち込んだものの、13年度には、3つの登山道すべてで前年を上回り、14万268人まで増加した。

 富士山が世界文化遺産に登録された13年6月以降に登山者数が急増していることから、富士山の世界遺産登録が登山者数増加の要因であることが考えられる。月別ではゴールデンウィークと11月の土日に集中し、積雪や登山道の凍結が起こる2月から3月は減少する傾向もわかった。

今後も調査

 環境省関東地方環境事務所・箱根自然環境事務所では、「金時山の登山道は登山者の踏圧などの影響で浸食が進んでいる。対策として箱根町、県自然環境保全センター、環境省が連携して、ボランティアの協力を得ながら登山道を補修しています。登山者数の調査は今後も継続し、正確な登山者数を把握することで、公園の適正な利用の推進に活かしていきたい」としている。

 今回の結果を受けて、南足柄市の商工観光班では「金時山を含めた市内のハイキングコースの整備を進め、市内外へのPRに力を入れていきたい。観光客誘致につながれば」と話す。

足柄版のトップニュース最新6

ざる菊シーズン到来

ざる菊シーズン到来 社会

南足柄市内3カ所で祭り

10月23日号

千葉ロッテから育成指名

立花学園高永島田選手

千葉ロッテから育成指名 スポーツ

最速150キロ本格派右腕

10月23日号

大雄山駅前に新名所

大雄山駅前に新名所 社会

コロナ下の多様な働き応援

10月16日号

稲荷社の修復完了

大井町三嶋神社

稲荷社の修復完了 文化

工法は石場建て採用

10月16日号

最優秀賞に三谷さん

ORANGECUP2021

最優秀賞に三谷さん 教育

運動後押しのゲーム機考案

10月9日号

入札不調で開設に遅れ

開成町新学童保育所

入札不調で開設に遅れ 教育

22年4月断念、7月目指す

10月9日号

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook