足柄版 掲載号:2015年7月25日号 エリアトップへ

体当たり取材 足柄平野、飛んでみた 松田山から「テイクオフ」

スポーツ

掲載号:2015年7月25日号

  • LINE
  • hatena
山崎さん(左)とフライトをする記者(右)=20日・松田山上空
山崎さん(左)とフライトをする記者(右)=20日・松田山上空

 富士山から相模湾まで一望できる標高568メートルの松田山に「エリアヤマザキ」と呼ばれるパラグライダーの出発点がある。足柄平野を飛行するパラグライダーはここから飛び立つ。

 松田山に出発台を設置したのは松田町に住む会社員の山崎保雄さん(63)。1994年に知人から山を借りて作った。

 丹沢からの北風と相模湾からの南風が合流する複雑な気流が特徴で「上級者向きのポイント」と山崎さん。

 

本紙記者が体験


 7月20日に本紙記者が、パラグライダーの2人乗り(タンデム)でフライト。

 人生初のスカイスポーツに心臓が破裂しそうになる。

 緊張の中、山崎さんの合図で出発台へ。スキーのジャンプ台のような助走路を足柄平野に向け全力疾走、3秒後には体が宙に浮く。

 地上ではめったに感じることのない360度からの風を受けながら、松田山の新緑や相模湾に注ぐ酒匂川、開成町の田園風景を眼下に、寄の集落と山北町の山々、箱根の外輪山を高度900メートルから同時に一望できる贅沢な時間。

 40分のフライトを終えて、酒匂川の河川敷に着陸。安堵とともに腰が抜けてしまった。足が地につく安心感をかみしめた。次は山々が色づく季節に挑戦し、秋の足柄平野を楽しみたい。

 

足柄版のローカルニュース最新6

磯崎さんが文化褒賞

南足柄

磯崎さんが文化褒賞 社会

加藤市長を表敬

11月16日号

晴天の下かくれんぼ

晴天の下かくれんぼ スポーツ

松田町で日本選手権

11月16日号

食・エネの自給と経済循環を考える

食・エネの自給と経済循環を考える 経済

小田原市で23日・24日

11月16日号

今年もスカイプで交流

川村小5年生英語の授業

今年もスカイプで交流 教育

11月16日号

ペット防災に30万円寄贈

ペット防災に30万円寄贈 社会

開成町のサンキホーム

11月16日号

寺社をめぐる

寺社をめぐる 社会

大井町で11月24日

11月16日号

足柄事件簿

11/1〜11/7

足柄事件簿 社会

松田警察署管内

11月16日号

あっとほーむデスク

  • 5月18日0:00更新

  • 4月6日0:00更新

  • 3月9日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

足柄版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月16日号

お問い合わせ

外部リンク