足柄版 掲載号:2016年6月25日号 エリアトップへ

保健衛生分野で県民功労者表彰を受けた 渋谷 広之さん 松田町松田惣領在住 71歳

掲載号:2016年6月25日号

  • LINE
  • hatena

患者さんの笑顔が生きがい

 ○…足柄歯科医師会の会長として10年、地域の歯科医療充実を牽引してきた功績が認められての受賞。「患者さんの笑顔が見たくてしただけのこと」と、目を細める。部屋の中には新旧の専門書がズラリ。パリッと糊のきいた白衣を身にまとい、穏やかな表情で話す姿は「頼れるまちの歯医者さん」のイメージそのものだ。

 ○…生まれも育ちも松田町。祖父の代から続く歯科医一家で、小学校の卒業式では校長先生から「立派な歯医者さんになって」と激励されるほど。「だから、歯科医になるのは当たり前だと思っていた」と笑う。勉学に励みながら中学時代は陸上800メートルで県2位、高校では映画館に月に2、3回通って洋画を楽しむなど、充実した青春時代を過ごした。歯科大卒業後は、横浜船員保険病院に勤務。当時の乗組員との連絡手段は電報。「夜中に電報が来ることもあった。今は連絡手段が充実して、便利になった」と懐かしむ。

 ○…76年に地元に戻り、父から渋谷歯科医院の経営を任された。91年からは歯科医師会の会長に就任。患者さんの歯から撤去した金属の詰め物などを換金し、足柄上地区の1市5町に寄付する活動を始めた。「人の輪を大切にしたいと思って取り組んだ」と話すこの事業は、今でも続いている。

 ○…9年前に脳出血で倒れ、1カ月間、意識不明に。退院時は車いすだったが、リハビリを重ねて歩けるまでに回復した。今は週に2回、東海大学の歯科医師を呼び、現役を続けている。「診断と義歯の調整が私の担当。患者さんのためにできることは、何でもやりたい」。子どもだった患者さんが親になり、今度は親子で治療に来てくれることも嬉しいという。子ども3人は独立し、小学校の同級生だった奥さんと2人暮らし。休日は趣味の旅を楽しむ。京都がお気に入りで、20歳のときから250回以上訪れる。今年3回目の”夫婦旅”は予約済みで、今から心待ちにしているのだとか。
 

足柄版の人物風土記最新6

高橋 貴博さん

全国優勝した少年ソフトボール選抜チーム「西湘」の監督を務める

高橋 貴博さん

小田原市酒匂在住 57歳

4月17日号

山口 政則さん

松田警察署長に就任した

山口 政則さん

松田町在住 58歳

4月10日号

菊池 あかねさん

開成町と移送に関する協定を結んだ「福祉タクシー千+α」の代表

菊池 あかねさん

開成町在住 50歳

4月3日号

根岸 亜美さん

オダワラブレイクの企画を手掛ける

根岸 亜美さん

大井町在住 27歳

3月27日号

山本 良憲さん

レストランガイド「ゴ・エ・ミヨ」に掲載された「メシモ」のソムリエ

山本 良憲さん

松田町出身 36歳

3月20日号

山岸 万里子さん

毛糸を使った刺繍「タピボン手芸」を広める

山岸 万里子さん

小田原市在住 59歳

3月13日号

あっとほーむデスク

  • 4月17日0:00更新

  • 4月10日0:00更新

  • 4月3日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter