足柄版 掲載号:2016年8月20日号 エリアトップへ

南足柄市 11月に初のマラソン大会 市民ランナーが企画・運営

スポーツ

掲載号:2016年8月20日号

  • LINE
  • hatena
参加を呼びかける大会ポスター
参加を呼びかける大会ポスター

 南足柄市を全国にPRしたい―。市内のマラソン愛好家らが中心となり11月6日、約600年の歴史を持つ大雄山最乗寺を舞台に「天狗のこみちマラソンin南足柄(大雄山最乗寺)」(藤崎彩子実行委員長)を初開催する。

 開催の構想は、7年前に藤崎さんが立ち上げた保育園「つかはらちびっこ共育園」の保護者有志で結成した市民ランナーグループのメンバーの声から始まった。藤崎さんは「市内を走っていると、魅力あふれる場所がたくさんある。各地のレースに参加する中で、街おこしになるのではと思った」と話す。

 メンバーは全員大会運営は未経験。そこで南足柄市に相談し、地域の活性化を目指す団体「南足柄みらい創りプロジェクト」に所属して実現へと動き出した。

 夫婦ともに仕事を持ち、子育てをしているメンバー。休日を利用してコースの選定や下見、協賛や協力のお願いもすべて自分たちで行った。「マラソン大会をやりたい。その熱意でここまでこぎつけた」と藤崎さんは振り返る。

 実現に向けて準備を進める中で、2014年に終了した小田原市の報徳マラソンの運営経験者も協力に名乗りを上げた。また三井住友海上も協力し、元オリンピック選手の土佐礼子さんもゲストランナーとして参加が決まった。

 コースは10Kmと5Km。最大高低差は220mで、最乗寺をスタートして県の天然記念物に指定の杉並木がある天狗の小径(こみち)を通り、最乗寺の境内を目指して階段を登りゴールする。藤崎さんは「多くの方の協力がありがたい。ぜひ地元の方にも参加して欲しい」と参加を呼びかけている。

 対象は18歳以上で10Km、5Kmコース共に先着各300人。参加費は3000円(保険代含)。インターネットサイトrunnet(https://runnet.jp/)で応募を受付中。問い合わせは南足柄市企画課【電話】0465・73・8001へ。

足柄版のトップニュース最新6

地酒PRもオンライン

地酒PRもオンライン 社会

コロナ禍における初企画

1月16日号

企業マッチングで新商品

さがみ信金

企業マッチングで新商品 社会

開発から販路開拓を支援

1月16日号

花魁の登場に沸く

あしがら博覧会

花魁の登場に沸く 文化

イベント一環で練り歩き

1月9日号

「実富士(みのるふじ)」として角界へ

森田世宝さん(立花学園高3年)

「実富士(みのるふじ)」として角界へ 社会

1月場所でデビュー

1月9日号

道祖神太鼓の音色 再び

道祖神太鼓の音色 再び 文化

復活へ有志が楽譜づくり

1月1日号

1市4町・首長からの新春メッセージ

あっとほーむデスク

  • 1月16日0:00更新

  • 1月9日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク