足柄版 掲載号:2016年11月19日号 エリアトップへ

山北町和田真希さん 大賞で文壇デビュー 西丹沢が舞台『野分のあとに』

文化

掲載号:2016年11月19日号

  • LINE
  • hatena
著者の和田真希さん
著者の和田真希さん

 山北町皆瀬川に住む主婦、和田真希さん(32)が、産業編集センター主催の「第3回暮らしの小説大賞」で最高賞にあたる大賞を受賞した。審査員から「和田さんにしか書けない」と高評価をうけた作品『野分けのあとに』はこのほど、同センターから刊行された。

 静岡県生まれの和田さんは2011年の結婚を機に山北町に移り住んだ。「ナビで正しい位置が調べられない」という山奥で夫と両親、4歳の息子、不登校を経験した若者3人と野菜づくりや養鶏などを営む。

 「もともと文章を書くことが好き」という和田さんは、15歳のときに柳美里の作品と出会い自分の生き様を描く作品に憧れていた。短編小説を書いたが公募するまでには至らなった。

 山での暮らしにも慣れ、子育てが落ち着いた昨年10月「自分の想いを表現したい」と思いペンをとった。「普段は『和田さんのお嫁さん』『ママ』などと呼ばれる。私にしかできないことに挑戦したい」と、深夜0時から3時までの時間を使い3週間で書き上げた。

 主人公は、家族との確執から摂食障害に陥り食と向き合うために農業を始めた女性。西丹沢で大切な人と出会い自分を取り戻していく。作品には山北の風景も登場する。若者との暮らしもヒントになったという。

 大賞の報告を聞き「自分の作品に反応して頂いた上に賞まで頂き驚いた」と和田さん。応募作をさらに3カ月かけて改稿。多摩美大卒の経験を生かし、登場する植物の口絵も手掛けた。

 単行本サイズ263頁。税別1300円。山北町の駅前通りにある武書店や開成町のミクニ書店などで好評販売中。

足柄版のローカルニュース最新6

神奈川工場の見学終了

アサヒビール

神奈川工場の見学終了 社会

4月10日号

決済アプリで消費喚起

神奈川県

決済アプリで消費喚起 経済

最大2割のポイント還元

4月10日号

道の駅でも赤、白、黄色

藤澤ノリマサコンサート

藤澤ノリマサコンサート 文化

タウンニュースホール

4月10日号

足柄上保護司会りんどう会館に

芦ノ湖で花火大会

芦ノ湖で花火大会 社会

4月10日打ち上げ

4月10日号

あっとほーむデスク

  • 4月10日0:00更新

  • 4月3日0:00更新

  • 3月27日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク