足柄版 掲載号:2016年12月17日号
  • googleplus
  • LINE

JR小田原駅長を務める 市川 清一さん 松田町松田惣領在住 56歳

選ばれる鉄道に

 ○…1日、約3万4000人が利用するJR東日本小田原駅の第42代駅長を務める。「お客様の安全が第一。安心して利用してもらえる駅にしていくこと」を念頭に置き、今年10月から歴史ある任に就いている。「小田原は旧駅舎を含めて立派な駅というイメージ。歴代の駅長が残したものを引き継ぎながら、私の色も出していかなくてはいけない」。

 ○…生まれも育ちも松田町。幼い頃は山と川に囲まれた大自然が遊び場だった。「松田山を駆け回り、夏は川で思いっきり遊んだ」と微笑む。小田原駅にも当時からゆかりがあり、電車に乗って父母に連れられて映画館やショッピングに出かけた。また城址公園にも足を運び、ライオンや象の迫力に魅了された。「象のウメ子がおりこうで。果物の皮をむいて食べているのが印象的だった。観覧車にもよく乗ったな」

 ○…地元の小中学校で学び、平塚農業高校を経て20歳で入社。横浜支社勤務が長かったが、国府津駅や茅ケ崎駅など勤続35年で数々の現場も経験。中でも駅長を務めた茅ケ崎駅では、発車メロディーの変更と駅ビル「ラスカ茅ケ崎」の建て替え工事に携わったことが思い出だ。

 ○…休日は趣味のウォーキングを楽しむなど地元で過ごすことが多い。松田から小田原アリーナ周辺までの川沿いのサイクリングコースを、景色や空気を感じながら歩くことがお気に入り。「松田山を見ながらゆっくり歩くことが好き。春には桜、6月には紫陽花も楽しめる。鮎釣りをしている人たちも見ながらね」

 ○…「小田原駅としてのおもてなしをしていかなくては」と、週末限定で小田原を発着するリゾート列車「伊豆クレイル」の運行の際には、駅職員をはじめ、ラスカ職員や清掃員などが一堂に見送りをするなど余念がない。「他社に負けず心がこもったサービスを」。この先も利便性が良く、地域に密着した駅を目指し尽力していく。

医療から介護まで

介護スタッフ、調理補助、薬剤師募集中 託児所あります

http://youfuukai.or.jp/

<PR>

足柄版の人物風土記最新6件

杉山 博久さん

開成町で7月18日に行われる歴史講座の講師を務める

杉山 博久さん

7月14日号

岸本 敦子さん

生涯学習講座「中学公民を、もういちど。」を主催している

岸本 敦子さん

7月7日号

香川 勝利(しょうり)さん

県西地域県政総合センターから環境保全功労者の表彰を受けた

香川 勝利(しょうり)さん

6月30日号

小林 勇さん

風鈴まつりを主催する開成町文化団体連絡協議会の会長を務める

小林 勇さん

6月23日号

加藤 宥教(ゆうきょう)さん

古刹の活性化に取り組む元エンジニア

加藤 宥教(ゆうきょう)さん

6月16日号

草門 隆さん

町文化財保護委員として広報まつだで「矢倉沢往還」の連載を4年にわたり執筆している

草門 隆さん

6月9日号

小山町よしもとふるさと劇団

2018.8.25(土)午後5時開場、午後5時半開演

https://www.walkerplus.com/event/ar0622e313819/

爆笑よしもとお笑いライブ

2018.8.25(土)午後5時半開場、午後6時開演

https://www.walkerplus.com/event/ar0622e313819/

<PR>

足柄版の関連リンク

あっとほーむデスク

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

足柄版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月14日号

お問い合わせ

外部リンク