足柄版 掲載号:2017年4月29日号 エリアトップへ

ご近所で助け合い 岡本地区で生活支援活動がスタート

社会

掲載号:2017年4月29日号

  • LINE
  • hatena
申込みを受ける地区コーディネーター
申込みを受ける地区コーディネーター

 南足柄市の岡本地区にある14自治会(5854世帯)が4月から住民同士で日常生活の困りごとを手助けする組織「おたがいさまネットおかもと」(長山誠一会長)を開所した。

 ネットおかもとは、厚生労働省が2025年の実現を目指す「地域包括ケアシステム」のモデル事業として南足柄市社会福祉協議会と岡本地区の住民が昨年から検討してきた。高齢者が住み慣れた地域で長く暮らせる環境を整えるために自治体や専門の医療・介護機関だけでなく、住民が主体になって支え合う体制を作る目的がある。

 2月に岡本地区の自治会加入世帯にアンケート調査をすると草むしりや家具の移動、ゴミ出し、囲碁の相手など728件の要望があった。手助けの協力を申し出た人も150人を超えた。

 対象地域は和田河原、駒形新宿・生駒、山崎、グリーンヒル、岩原など7地区に分けてコーディネーター23人が希望宅に聞き取り調査を行い、サポーターを派遣する。料金はゴミ出し1回100円から。すでに導入している小田原市久野地区の仕組みを参考にした。

 4月4日からスタートして、20日までに8件の申し込みがあった。草むしりや窓拭き、買い物を要望する高齢者がいた。地区コーディネーターの小澤健藏さん(72)は「シルバー人材センターの活動で、話し相手を求める一人暮らしの高齢者もいた。そういったニーズに対応できれば」と話す。南社協は「介護保険制度などで対応できない”ちょっとした困りごと”に応えられれば。行政や福祉関係団体などと連携して活動していきたい」と話している。

 拠点は南足柄市社会福祉協議会の岡本支所内。祝日を除く毎週火曜日と木曜日の午前10時から正午まで岡本地区を対象に受け付ける(【電話】080・6788・2525)。介護や福祉、医療などの相談は、各市町村にある地域包括支援センターで受け付けている。

4月13日に行われた開所式
4月13日に行われた開所式

足柄版のローカルニュース最新6

避難所として施設利用

避難所として施設利用 社会

開成町と県西福祉会が協定

9月18日号

新校舎完成まで約5カ月

新校舎完成まで約5カ月 社会

松田で安全祈願

9月11日号

明大マンドリン演奏会が中止

南足柄のジビエ味わう

南足柄のジビエ味わう 社会

「おんりーゆー」

9月11日号

手作りかかしが勢ぞろい

手作りかかしが勢ぞろい 社会

ゆめの里で19日に催し

9月4日号

「マルちゃん」とコラボ商品

小田原タンメン総本店 読プレ

「マルちゃん」とコラボ商品 社会

9月4日号

あっとほーむデスク

  • 9月11日0:00更新

  • 9月4日0:00更新

  • 8月28日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook