足柄版 掲載号:2017年10月28日号 エリアトップへ

男女混合バレーボール「西湘グルーヴ」の監督としてチームを全国優勝に導いた 加藤 有二さん 山北町山北在住 62歳

掲載号:2017年10月28日号

  • LINE
  • hatena

まんまる、丸く

 ◯…バレーボールといえば高々とジャンプして強烈なスパイクを決めるアタッカーが花形だが「バレーはみんなで繋ぐ競技。体と体が接触しないのがいい」と目尻を下げる。静岡県御殿場市で先ごろ開催された50歳代の8人制男女混合のバレーボール全国交流大会で「西湘グルーヴ」を初優勝に導いた。監督として、チームとして長年手が届かなかった悲願の初優勝に「いやぁ嬉しかったですねぇ」と、深く何度も何度もうなづき喜びを語った。

 ◯…小田原市生まれ、南足柄育ち。岡本中への入学と同時に剣道部に入ったが、体育の授業をきっかけにバレー部に入ることになった。「お前バレー部に入れ、と先生にいわれた。どうやら剣道部とバレー部の先生との間で話がついてたみたいだね」と振り返った。「当時は文中と寄中が強くて、なかなか勝てなかった。それでも3年の時にようやく文中に勝てた。あれは嬉しかった」。笑いジワがさらに深くなった。

 ◯…監督として一番に心がけるのが「チームを丸くすること」。全日本で活躍した選手からインターハイに出場した選手、草バレー出身の役場の管理職などチームのメンバーは個性派ぞろい。一丸となり本気で勝ちを求めるのがチームスタイルだ。「闘いですよ。だから選手もベンチもサブも一丸となることが大事。試合後はみんなオジサンだけどね」と笑った。

 ◯…電気工事の会社を営み、2つ年下の奥さんと山北で暮らす。一男一女に恵まれ、娘が昨年嫁いだ。「奥さんも自分も親をうんと大事にした。それを見ていたのか」娘夫婦は誕生日など家族の節目にはケーキを持って実家を訪ねてくれる。好物は奥さんが作るカボチャの煮物。「煮物はなんでも美味い」。町では30年近くバレーボールの普及に力を尽くし、現在は体育協会の会長も務める。憧れの選手は元全日本の大古誠司。11年前に一緒に撮った写真が家宝で、額に入れ、飾っている。

足柄版の人物風土記最新6

高橋 久美子さん

松田町の松田ブランドに認定されたアロマオイルを作る

高橋 久美子さん

横浜市在住 49歳

1月22日号

本澤(ほんざわ) 尚之さん

開成ジュニアアンサンブルの代表を務める

本澤(ほんざわ) 尚之さん

開成町在住 51歳

1月15日号

瀬戸 恒彦さん

地域の交流拠点につなげようと、私設図書館を作った

瀬戸 恒彦さん

山北町在住 65歳

1月8日号

野口 聖純(さとし)さん

(一社)あしがら青年会議所(JCI)の2022年度理事長に就いた

野口 聖純(さとし)さん

開成町在住 37歳

1月1日号

増田友厚さん

大雄山最乗寺の山主に就いた

増田友厚さん

南足柄市在住 74歳

12月18日号

橋本 太市さん

南足柄市の水を商品化した「金太郎の力水」の企画・販売する

橋本 太市さん

(株)ハシモト代表取締役 49歳

12月11日号

あっとほーむデスク

  • 1月22日0:00更新

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook