足柄版 掲載号:2018年1月20日号 エリアトップへ

大井町消防出初式 「地域のために」 第3分団の宇佐美俊太さん

社会

掲載号:2018年1月20日号

  • LINE
  • hatena
仲間と操法を披露する宇佐美さん(右)
仲間と操法を披露する宇佐美さん(右)

 大井町の消防出初式が12日に総合体育館駐車場であり、上大井地区を管轄する大井町消防団第3分団(福田隆行分団長、団員19人)が消防ポンプ車の消火活動を披露した。この中に聴覚障害を乗り越えて消防団員として活躍する宇佐美俊太団員(上大井・35歳)の姿があった。

 宇佐美さんは病気が原因で子どもの頃に耳が聞こえ難くなり、手話や読唇術を使い意思疎通をしている。実家の宇佐美製菓(上大井)で働き、消防団のほか商工振興会青年部に所属するなど地域活動にも取り組む。

 その姿を見た地元消防団の団員が「一緒にやりたい」と消防団に”スカウト”。「地域のためにできることをしたい」と入団し3年が経つ。

 活動では筆談を用いることもあるが仲間の動きを見て機器の扱い方法などを覚えた。福田分団長は「洞察力があり、覚えが早く協調性がある」と、操法を披露する団員5人に今年初めて宇佐美さんを選んだ。

 消防団員は「町内に在住する18歳以上50歳以下、志操堅固、身体強健な者」が条件で、災害時の出動以外にも地域の催しで啓発活動や地域巡回などを行うなど活動の場も多い。中村義夫消防団長は「団員数が減少するなか、地域のために活動する若者がいるのは嬉しい」と話している。

足柄版のローカルニュース最新6

市制50周年で協働事業募集

南足柄市

市制50周年で協働事業募集 社会

採択で20万円限度に補助

10月23日号

イノシシのわなにクマ

イノシシのわなにクマ 社会

個体少なく丹沢山中で放獣

10月23日号

ドッグパーク登録制に

オンラインで移住相談

オンラインで移住相談 社会

山北町 事前予約制1回40分

10月23日号

大雄山線がカレンダーに

大雄山線がカレンダーに 社会

公募の写真作品から選定

10月23日号

強盗発生時の対応学ぶ

強盗発生時の対応学ぶ 社会

山北の佐藤火薬店で訓練

10月23日号

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook