足柄版 掲載号:2018年3月17日号 エリアトップへ

南足柄市 副市長に県OB起用へ 石田氏、任期半ばで辞職へ

政治

掲載号:2018年3月17日号

  • LINE
  • hatena
星崎雅司氏
星崎雅司氏

 南足柄市は12日、新たな副市長に神奈川県県西地域県政総合センター所長の星崎雅司氏(60)を起用する人事案を発表した。開会中の市議会3月定例会最終日の23日に開かれる本会議で議会の同意を求める。

 この人事案件は石田和則副市長(66)の辞職に伴うもの。石田氏の任期は2019年6月30日までだったが、健康上の理由で昨年12月13日に退職願が出された。その後も加藤修平市長が慰留を続けたが「石田氏の意志は固かった」という。

 星崎氏は今年3月末で県職員を定年退職する予定。市によると在職中の人事案件提出には県知事も了承している。議会の同意が得られれば4月1日付けで副市長に就任する。市役所内部以外から副市長を迎えるのは72年の市制施行以来、助役時代も含め初となる。

 星崎氏は58年1月生まれの60歳で小田原市上新田在住。立教大学経済学部から80年に神奈川県入庁。環境、企画、政策、教育部局などで管理職を歴任した。15年からは県西2市8町を所管する県西地域県政総合センターの所長を務め、昨年10月に解散した小田原市と南足柄市の「中心市のあり方」に関する任意協議会の委員も務めた。

 3月31日で退任する石田副市長は76年から42年間にわたり職員として南足柄市政に従事。加藤市政1期目の11年から副市長を務めてきた。東部工業団地への企業誘致やヴェルミ2へのテナント誘致、兵庫県川西市との友好都市交流などで手腕を発揮した。

足柄版のトップニュース最新6

大雄山駅前に新名所

大雄山駅前に新名所 社会

コロナ下の多様な働き応援

10月16日号

稲荷社の修復完了

大井町三嶋神社

稲荷社の修復完了 文化

工法は石場建て採用

10月16日号

最優秀賞に三谷さん

ORANGECUP2021

最優秀賞に三谷さん 教育

運動後押しのゲーム機考案

10月9日号

入札不調で開設に遅れ

開成町新学童保育所

入札不調で開設に遅れ 教育

22年4月断念、7月目指す

10月9日号

北足柄小の閉校前倒し

北足柄小の閉校前倒し 教育

2022年4月統合で決まる

10月2日号

足柄台中で特別授業

富士フイルム株式会社

足柄台中で特別授業 教育

除菌製品開発者が講師に

10月2日号

あっとほーむデスク

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

  • 10月2日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook