足柄版 掲載号:2018年5月26日号 エリアトップへ

足柄交通安全協会の会長に就任した 大谷 隆さん 山北町山北在住 68歳

掲載号:2018年5月26日号

  • LINE
  • hatena

幸せ家族に乾杯

 ○…5月18日の総会で足柄交通安全協会の会長に選任された。協会には松田警察署管内の1市5町に約3万3千人の会員がいる。交通安全運動を始め新入学児童への啓発、小学生の自転車乗り方大会など地域の子どもたちとの接点も多い。2004年から副会長を務め総務全般を担い会員の顕彰管理に注力した。「みなさんボランティアでよく続いているから」と総会資料を手に話した。

 ○…山北町でスポーツ用品店を営む。大型店もネットもない頃は店頭がにぎやかだったが、時代のすう勢で学販が中心になった。将来を考えると「後を継いで」とはならず、息子に就職を勧めた。午前中は店番と仕事の整理、午後は外商で帰宅してからの晩酌が日課。つまみは少しあれば十分でご飯はあまり食べない。「痛風だからビールよりも焼酎やワインがいい」と頭をかいた。

 ○…1949年、山北生まれ。大学卒業後は平塚で就職し、28歳で家業に入り、34歳で9つ年下の奥さんと結婚し一男一女に恵まれた。子どもたちにはそれぞれ一度だけ、身を呈して父親の存在を示したことがある。その後、息子から誘われて酌み交わした酒の味は格別だった。息子の二十歳を酒で祝うのは「河島英五の『野風増』の歌詞みたいな場面だった」という。

 ○…嫁いだ長女が「子どもを育てるならこっちがいい」と横浜から山北にやってきた。長男家族も遠方から伊勢原へ戻った。おかげで4人の孫はいつでも会える距離にいて「顔と声がエネルギーになる」。家族や親せきが集まり毎年開くスポーツ大会と体育協会で50年以上続くスキーツアー、そしてメジャーでの大谷翔平の活躍がもっぱらの楽しみという。3泊の旅行で7泊分の着替えを用意するほどの「堅実派」と自己分析する。

足柄版の人物風土記最新6

和田 智代さん

おむつに頼りすぎない育児の普及に力を入れる

和田 智代さん

開成町在住 58歳

1月16日号

吉岡 昌子さん

大井町で長年児童福祉向上に取り組む

吉岡 昌子さん

大井町在住 88歳

1月9日号

滝本 澄子さん

南足柄市から功労表彰を受ける

滝本 澄子さん

南足柄市在住 78歳

1月1日号

舟山 奏さん

神奈川フィルフューチャー・コンサート小田原公演にゲスト共演する

舟山 奏さん

小田原市在住 33歳

12月19日号

瀬戸 淳一さん

小田原小売酒販組合・小田原酒販協同組合の理事長を務める

瀬戸 淳一さん

南足柄市狩野在住 67歳

12月12日号

鳥居 和郎さん

大井町文化財保護委員会委員長を務める

鳥居 和郎さん

小田原市上曽我在住 68歳

12月5日号

あっとほーむデスク

  • 1月23日0:00更新

  • 1月16日0:00更新

  • 1月9日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク