足柄版 掲載号:2018年6月2日号
  • googleplus
  • LINE

山北高校男子バレーボール部の監督として2年連続で関東大会出場に導いた 藤田 浩史さん 山北高校教諭 59歳

「頑張った人に可能性がある」

 ○…県立高校でバレーボールの指導を37年間、続けてきた。昨年の春、赴任5年目で手にした自身5度目の関東大会出場は、山北高校男子バレーボール部にとって初の快挙となった。この春もベスト8に入り2年連続で関東出場を決めた。「今年のチームはまだまだ伸びる力がある。革命が起こせる。関東大会の内容次第ではインターハイも狙える」と強調する。

 ○…公立としての限られた時間や環境の中で、県外の学校とも積極的に試合を組む。大学での強化合宿や地元小中学生との練習会のほか、「子供たちを応援してください」とのメッセージとともに発信するブログ『挑戦の記録』は、今年で6年目に入った。こうした取り組みでは常に、現在と未来を見据えている。その根底には「バレー人口の減少に歯止めをかけたい」との思いがある。

 ○…新採用から37年。足柄、五領ヶ台、小田原城北工業、そして山北で指導をしてきた。「勝つことは目標。その先に目的がある」。社会へ出る一歩手前に立つ高校生と直接向き合う指導では、社会でも通用するための人間形成を念頭に置く。その手法はかつての鉄拳制裁から見守りに変わり、「やらせる」方法から「教えすぎない」指導方法へと変わった。「自由と勝手の違いも伝えたい」

 ○…横浜市南区出身。妻と2男1女の5人家族。「息子たちは野球、娘はバレー。送り迎えはすべて妻で頭が上がらない」という。職員室ではなく生徒がいる教室で弁当を食べるのが日課で年間350日は「何かしら動いている」。「若者には無限の可能性があると言われるが誰にでもではない。頑張った人にこそ可能性がある」。そんな風に生徒を導くため試行錯誤を続けている。この仕事は「天職」。一度は全国へ行きたい、という。

足柄版の人物風土記最新6件

加藤 宥教(ゆうきょう)さん

古刹の活性化に取り組む元エンジニア

加藤 宥教(ゆうきょう)さん

6月16日号

草門 隆さん

町文化財保護委員として広報まつだで「矢倉沢往還」の連載を4年にわたり執筆している

草門 隆さん

6月9日号

大谷 隆さん

足柄交通安全協会の会長に就任した

大谷 隆さん

5月26日号

小川 周作さん

住民主導の生活支援サービス組織「おたがいさまネット中家村」を立ち上げた

小川 周作さん

5月19日号

諸星 明美 さん

南足柄市交通整理員としてこの春、活動20年目を迎えた

諸星 明美 さん

5月12日号

小田 楷(かい)さん

5月9日から5月14日にお堀端画廊で人生35回目の個展を開く

小田 楷(かい)さん

4月28日号

医療から介護まで

介護スタッフ、調理補助、薬剤師募集中 託児所あります

http://youfuukai.or.jp/

<PR>

足柄版の関連リンク

あっとほーむデスク

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

足柄版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年6月16日号

お問い合わせ

外部リンク