足柄版 掲載号:2018年6月30日号 エリアトップへ

県西地域県政総合センターから環境保全功労者の表彰を受けた 香川 勝利(しょうり)さん 大井町山田在住 90歳

掲載号:2018年6月30日号

  • LINE
  • hatena

「いい名前もらった」

 ○…大井町が年に二度、緑化推進のため自治会に配布している花苗を自宅で栽培してきた。サルビアやマリーゴールド、パンジーなど役場からの要望に応じて苗を揃える。「きれいだね、って言われるのが一番。花はいい」と優しく微笑む。その活動に対してこのほど、小田原にある県西地域県政総合センターが美化運動功労者として表彰した。「小田原へは久しぶりに行った」という。

 ○…大井町山田に鎌倉時代から続く家柄。1927年に養蚕業を営む農家の長男に生まれ、旧吉田島農林に進んだ。設立間もない職員5人の旧相和農協に勤めたが、タバコ栽培で多忙を極める父親を専業で手伝うようになった。相和村と大井町が合併すると農業委員になり、昭和40年代の東名建設では土地の多くを供出した。今は家で食べる野菜や花苗をつくり、春にはチューリップ畑に数千株の花を咲かせている。

 ○…名は“かつとし”ではなく「しょうり」と読み、軍医が名付け親という。「なかなか聞かない、いい名前をもらった」というが、勝ち負けを競うような人柄とは違い温厚。役場の担当者も「勝利さんみたいに歳をとりたい」という。「私より一つ上の人たちは戦争へ行った。昭和20年は出征つもりでいたけど突然戦争が終わった。こんなに長く時代が変わる様子を見ることができて嬉しい」

 ○…姉2人と弟妹7人の長男。孫やひ孫にも恵まれ盆暮れは親戚でごった返す。「この家の嫁は大変だけど昔から本当によくやってくれる」と奥さんへの感謝を口にする。町議を3期務め、10年前には旭日単光章の叙勲も受けた。運転免許を返納してから行動範囲は狭くなったが「百姓だから家にこもっていられない」。素手で農作業をして手に刺激を与えるのが「健康の秘訣かも」という。

足柄版の人物風土記最新6

込山 英弥さん

立花学園高等学校理事長・校長を務める

込山 英弥さん

松田町出身 66歳

1月25日号

加藤 かいさん

南足柄市でオリーブを生産する

加藤 かいさん

南足柄市岩原在住 38歳

1月18日号

鳥海 忠明さん

介護のチカラで南足柄を一番にする会NEXT10の代表を務める

鳥海 忠明さん

南足柄市和田河原在住 45歳

1月11日号

なつめさん

ファーストミニアルバム「I」をリリースした

なつめさん

南足柄市在住 22歳

1月4日号

鈴木 敬太さん

1月1日付であしがらJCの理事長に就任した

鈴木 敬太さん

開成町みなみ在住 35歳

1月1日号

石田 精二さん

江戸角凧の展示会を行う

石田 精二さん

山北町向原在住 72歳

12月21日号

山岸 榮市さん

虫沢古道を守る会会長の

山岸 榮市さん

松田町寄在住 71歳

12月14日号

あっとほーむデスク

  • 5月18日0:00更新

  • 4月6日0:00更新

  • 3月9日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月25日号

お問い合わせ

外部リンク