足柄版 掲載号:2018年8月4日号
  • LINE
  • hatena

開成町新庁舎 9月から本体工事 公共施設では国内初、消費電力8割減へ

社会

プールが撤去された庁舎建設地
プールが撤去された庁舎建設地
 開成町の役場新庁舎建設に向けた工事契約議案が25日に町議会で審議され、全会一致で承認された。東日本大震災を機に町が進めてきた新庁舎建設は今年9月にも工事が本格化することになった。

 1970年に建設された現役場庁舎は、2011年の東日本大震災で外壁に複数の亀裂が入り、壁の一部が崩落するなどしたため、府川裕一町長が防災拠点としての機能性や安全性を疑問視。11年11月に庁内でプロジェクトチームが発足した。

 その後、専門家らにより庁舎整備の方法などが検討され、人口増加で多様化する行政サービスや情報技術への対応、町民の利便性向上の課題も踏まえ新庁舎建設に向けた動きが加速していった。

 今年2月に新庁舎の実施設計が完了。本体工事に向けて役場前のプールが解体されている。

 新庁舎は基礎免震構造の地上3階建てで木質素材を随所に取り入れる。省エネに配慮した「低炭素型庁舎」で建築物省エネ性能表示「BELS」の「Nearly ZEB」と、同評価基準の最高ランク「五つ星」の認証を受けた官公庁としては国内初の建物となる。

 建て替えにあたっては府川町長の肝いりでこの「ZEB庁舎」を標榜。豊富な地下水を空調熱源として利用し、太陽光発電の導入などにより標準的なビルよりも79%の省エネが実現可能となる。

 本事と外構の工事費は22億8204万円。8月21日に起工し、工事が順調に進めば2020年4月に新庁舎が稼働する。

 工事を前に府川町長は「すべての方に心から感謝を申し上げたい。震災から7年、ついにスタートラインに立てた」としている。完成までに2度ほど一般向けの現場見学会を開催する予定という。

東側からの鳥瞰図
東側からの鳥瞰図
正面の完成予想図
正面の完成予想図

医療から介護まで

薬剤師、看護師、介護士、PT募集中  託児所あります

http://youfuukai.or.jp/

<PR>

足柄版のトップニュース最新6件

「新たな覚悟で」

南足柄市加藤市長

「新たな覚悟で」

12月8日号

解体工事始まる

山北体育館

解体工事始まる

12月8日号

協調の姿勢前面に

南足柄市公共施設再編

協調の姿勢前面に

12月1日号

今年もキラキラ

松田山西平畑公園

今年もキラキラ

12月1日号

告示まであと10日

大井町長選町議補欠選

告示まであと10日

11月24日号

男子団体で県3連覇

山北高校弓道部

男子団体で県3連覇

11月24日号

足柄版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月8日0:00更新

  • 12月1日0:00更新

  • 11月24日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

足柄版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年12月8日号

お問い合わせ

外部リンク