足柄版 掲載号:2018年10月6日号
  • LINE
  • hatena

開成弥一芋が今季初出荷 イオン32店舗で販売

社会

初出荷式の様子
初出荷式の様子
 かながわブランドに登録されている「開成弥一芋」の今季初出荷式が、9月27日にJAかながわ西湘開成事業所で行われた。

 開成弥一芋ブランド化推進協議会(武藤忠治会長/開成弥一芋研究会、開成町、かながわ西湘農業協働組合、神奈川県農業技術センター、イオンリテール(株))が実施した。主催者挨拶の後、トラックに積み込まれた開成弥一芋の前でテープカットが行われ、列席者らはトラックの出発を見送った。

 生産農家で構成される開成弥一芋研究会のメンバーは34人。18年度の作付面積は1・17ヘクタール。出荷は12月頃まで行われる。研究会では今年の弥一芋の出来を、「高温障害や8月後半の長雨による日照不足で平年に比べて小ぶりだが、味はとてもいい」と話す。

 開成町由来の弥一芋は甘くねっとりした食感が特徴。戦後に栽培が衰退したが、11年に生産者が関係機関と連携し復活させた。販売は地域の伝統的な食文化を守る生産者を応援する「食の匠活動」をするイオンが担い、県内32店舗のイオングループの店で取り扱う。

ずらりと並ぶ弥一芋
ずらりと並ぶ弥一芋

医療から介護まで

薬剤師、看護師、介護士、PT募集中  託児所あります

http://youfuukai.or.jp/

<PR>

足柄版のローカルニュース最新6件

足柄版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月8日0:00更新

  • 12月1日0:00更新

  • 11月24日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

足柄版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年12月8日号

お問い合わせ

外部リンク