足柄版 掲載号:2018年11月10日号 エリアトップへ

護衛艦「あしがら」の案内板を奉納した 小瀬村 和幸さん 南足柄市生駒在住 73歳

掲載号:2018年11月10日号

  • LINE
  • hatena

昔は会社、今は社会のために

 ○…足柄峠へ向かう旧街道沿いの小高い丘にある足柄神社に、海上自衛隊の護衛艦「あしがら」と同社の由来を記した案内板を奉納した。折しも今年は「あしがら」の就役10年にあたる節目で、案内板設置の一報が海自へも届き、乗組員による竣工10年の奉告祭と除幕の式典を11月2日に同時挙行した。「宮司さんや総代さん、自衛隊協力会の皆さんの協力もあり無事に奉納できた」と、安堵の表情を浮かべる。

 ○…二十歳の頃、父親から足柄神社と戦艦「足柄」との縁を聞かされたが「その時は『ああそうか』といった感じだった」。しかし、自治会長を務めた2007年に参加した例祭で初めて神社の本殿に入り、その時の記憶がよみがえった。「このままではもったいない。もっと多くの人に知ってもらった方がいい」と、考えるようになり、15年に総代を務めた時に案内板奉納が頭をよぎった。

 ○…南足柄の生駒に生まれた。岡本中から旧城東高を経て富士フイルムに入社。小田原勤務を経て50代で足柄へ移った。ジャズやバレーなど部活動にも励むなか、先輩社員から「人前で派手なことをするからには人以上の仕事をせよ」と指導を受け、30代では「頼まれた仕事は断らず素直に受ける」などと上司の薫陶を受けた。「そのおかげで様々な仕事を任されるようになり、自分も『会社のために』と励んだ」

 ○…退職後の2008年に「環境美化金太郎会」を立ち上げ、不法投棄監視などを担う見守り地蔵を市内各地に設置。竹ぼうき120本を市内の中学校に寄贈したこともある。「会社勤めの頃は会社のため。今は社会のためになればと考えている」。案内板も「由緒ある神社だということを知ってもらうべき」と考え奉納した。趣味はジャズ。サックス奏者でもある。

足柄版の人物風土記最新6

今井 雄一郎さん

共栄書房から「山鳥の魔力」を出版した

今井 雄一郎さん

南足柄市在住 53歳

10月16日号

國見 清さん

最乗寺で写真展を開催している「あしがら写友会」幹事の

國見 清さん

南足柄市在住 76歳

10月9日号

伊藤 美香さん

ユーチューブで映像配信を始めた山北クラシック音楽連盟の会長を務める

伊藤 美香さん

山北町在住 60歳

10月2日号

矢後 昇坪(しょうへい)さん

内山地域福祉会の会長を務める

矢後 昇坪(しょうへい)さん

南足柄市在住 77歳

9月18日号

露木 明さん

「西湘リコーダーバザール」実行委員長を務める

露木 明さん

南足柄市在住 70歳

9月4日号

野瀬 勝利さん

江之浦ダイビングサービス アクアランドを経営する

野瀬 勝利さん

南足柄市在住 49歳

8月28日号

あっとほーむデスク

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

  • 10月2日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook