足柄版 掲載号:2019年2月16日号 エリアトップへ

(一財)春めき財団 香りで「春」を感じて 桜の匂い クラシエの新商品に

社会

掲載号:2019年2月16日号

  • LINE
  • hatena
商品を手にする三嶽さん(中央)夫妻と古屋さん(右)
商品を手にする三嶽さん(中央)夫妻と古屋さん(右)

 クラシエホームプロダクツ(株)(東京都港区)の「いち髪」シリーズからこのほど、季節限定商品「シャンプー&コンディショナー(春めきの香り)」が発売された。パッケージには「売り上げの一部で(中略)一般財団法人春めき財団の活動を応援します」と記されている。早咲きの桜「春めき」の香りを世に広く知らせるきっかけになった、視覚障害をもつ三嶽正雄さん(72、秦野市)が9日に古屋さんを訪ね、商品の香りに触れた。

 春めき(足柄桜)は、財団の理事長を務める古屋富雄さん(66、南足柄市塚原)が2000年に品種登録した桜で、ソメイヨシノよりも早い3月中旬頃から咲きだす。たわわに花がつき、甘い香りのあるのが特徴。

 伴走者とともに長距離走のレースに出場する三嶽さんが、開成町の伴走者から「香りのある桜が咲く道がある。そこで練習しよう」と誘われ訪れたのが2011年。その時、はじめて“春めき”に触れ、その香りに魅了された。「練習そっちのけでした」と振り返る。

視覚障害者へ香りある桜を

 何とか桜を手に入れたいと造園業者などを当たったがわからずで、南足市役所を訪ね、当時、市の職員だった生産者の古屋さんと出合う。提供を受け最初に畑に植えた木は今では4m近くになるという。「他にも桜が植わっているが匂いがなく、自然と春めきに向かう。つぼみから待ち遠しい」とにこやかに話す。

 三嶽さんとの交流が進むなかで、古屋さんは、「香りで春を感じてほしい」と、県ライトセンターや全国の盲学校などに春めきの苗木を寄贈するようになる。18年1月には、視覚障害者への支援などを事業目的とする一般財団法人「春めき財団」を設立した。

 そんななか、香りに着目した都内の香料会社が春めきの香りを抽出。会社の提供先であったクラシエと試行錯誤を繰り返して香りを再現した。

 古屋さんは「三嶽さんとの出会により活動が広がってきた」と話す。商品に触れ、三嶽さんは「春めきの香りが再現されている」と微笑んだ。

足柄版のトップニュース最新6

山北に民間の移住相談所

山北に民間の移住相談所 社会

NPO法人夢キューブ

12月7日号

横国大生が農家の想い体感

横国大生が農家の想い体感 経済

南足柄でみかん収穫体験

12月7日号

みかんもぎに予約殺到

大井町相和地区

みかんもぎに予約殺到 社会

収穫体験型に秘訣あり

11月30日号

山北町で新たな定住対策

山北町で新たな定住対策 経済

水上住宅基本構想を発表

11月30日号

虫沢古道を守る会が10年

虫沢古道を守る会が10年 文化

地元の古道復活に尽力

11月23日号

安全運転管理者会が50周年

安全運転管理者会が50周年 経済

18日に記念式典

11月23日号

ミャンマーから実習生

ミャンマーから実習生 社会

「草の家」と「和らぎ」

11月16日号

あっとほーむデスク

  • 5月18日0:00更新

  • 4月6日0:00更新

  • 3月9日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

足柄版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月7日号

お問い合わせ

外部リンク