足柄版 掲載号:2019年4月6日号 エリアトップへ

湧水が飲料水として適合 南足柄市岩原自治会

社会

掲載号:2019年4月6日号

  • LINE
  • hatena
住宅街の中で流れ続ける岩原の湧水
住宅街の中で流れ続ける岩原の湧水

 南足柄市の岩原自治会(井上一重自治会長)は、同自治会内の江戸時代後期構築の用水路(通称=久野用水)用に掘った隧道から湧き出る水を飲料水として活用することを計画。小田原保険福祉事務所足柄上センターに水質調査を依頼したところ、飲料として適合との結果が出た。今後は災害時の飲料として活用していく方針だという。

由緒ある隧道から

 昨年8月、当時は副自治会長だった井上さんは、40年以上前に小田原の本町小学校で作られた自由研究結果を手にした。岩原自治会内に存在していたものを見せてもらったのだという。それは、今回の湧出地点である隧道が最大の「難所」とされた通称=久野用水を調べ上げたものだった。

 久野用水は小田原の久野・荻窪地区に水を引くため、南足柄の岡本小学校の近くを流れる川から水を取り、同所に流す人工水路のこと。狩川を越えるためにサイフォンで水を上げるなど、江戸時代としては難しい工事を強いられたが、最大の難所であった隧道は、唯一現在に残る用水の跡地。ここから水が湧き出ているのは近隣住民なら誰でも知っている、という場所。水自体は箱根山から伝わってくる地下水なのだが、由緒ある隧道から湧いていることから、井上さんは以前から気になっていたという。「当時の用水路とは水が流れる方向が逆ですが、人々の役に立ってきた隧道から流れ出ていることは同じ」と話し、「味見をした人が『うまい』と言っているのを覚えていた。一度検査してみる価値はあると思った」と経緯を話す。

 今後は災害時の非常水として周知をはかり、維持管理について検討していくという。

40年以上前の研究結果を開いて掲げる井上自治会長
40年以上前の研究結果を開いて掲げる井上自治会長

足柄版のトップニュース最新6

全て開成町産の日本酒完成

瀬戸酒造店

全て開成町産の日本酒完成 社会

6月4日から数量限定販売

5月21日号

「諦めない」で全国優勝

南足柄生涯野球クラブ

「諦めない」で全国優勝 スポーツ

40歳以上大会で強豪連破

5月21日号

巡回バス運用開始

大井町

巡回バス運用開始 社会

地域の移動手段を補完

5月14日号

根元さんが日本代表入り

フットゴルフ

根元さんが日本代表入り スポーツ

フロリダの日米対抗戦へ

5月14日号

PHV車で災害時電力確保

大井町

PHV車で災害時電力確保 社会

神奈川トヨタと協定

5月7日号

25年度から4園休園も

南足柄市

25年度から4園休園も 教育

市立幼の方向性で案発表

5月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月14日0:00更新

  • 5月7日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

足柄版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook