足柄版 掲載号:2019年5月1日号 エリアトップへ

南足柄市地蔵堂 秘仏150年ぶり御開帳に 来年11月実施に向け、準備始まる 

文化

掲載号:2019年5月1日号

  • LINE
  • hatena
御開帳をする誓光寺に集まった檀家の人たち=4月21日撮影
御開帳をする誓光寺に集まった檀家の人たち=4月21日撮影

 南足柄市地蔵堂地区の通称「地蔵堂のお地蔵さん」で親しまれている曹洞宗足柄山誓光寺。同寺の木造地蔵菩薩立像と地蔵堂内厨子が2020年11月21日(土)・22日(日)に檀家(15軒)の人たちにより御開帳されることがわかった。一般公開されるのは約150年ぶりだという。

 御開帳は60年に一度行ってきたと地域に伝えられているが、昭和に入ってからは記録に残っていないという。「古老などへの聞き取りから、およそ150年ぶりだと思います」と説明するのは、御開帳実行委員長の佐藤廣理さん。同じ実行委員の和田博文さんと昨年4月頃に地域振興などについて話していた時に御開帳を長らくしていないことがテーマになった。「改元もあり新しい時代になる。お地蔵さまにもこの社会を見てもらおう」ということになり、檀家の承諾を経て、実現に向けて動きだした。前例がないこともあり、近隣のお寺などを訪ねて調べ、事前準備を進めてきた。

 御開帳される本尊の「木造地蔵菩薩立像」は、高さが約160cmで南北朝時代末から室町時代初期の作と推察されている。地蔵菩薩が納められている「地蔵堂内厨子」は室町時代末期の作で、三間(さんげん)四方の入母屋(いりもや)造りの屋根に軸部を禅宗様、軒を和様とした折衷様式。ともに県指定の重要文化財。

 本堂は1841年(天保12年)に編集された「新編相模国風土記稿」によると、1817年(文化14年)に火災に遭ったがその後、再建。1975年(昭和50年)にも焼失したが、住民の手によによって本堂内の厨子と本尊や他の仏像がすべて救い出されている。

令和の大事業

 「誓光寺は市内の寺院のなかでも古いがあまり知られていない。ここは奈良・平安時代には東国と西国を結ぶ官道沿いにあり交通の要所でもあった。御開帳で多くの人に関心を持ってもらい高齢化が進む地域の活性化につなげたい。また、次世代へと引き継いでいきたい」と佐藤さん。地域挙げての令和御開帳へのカウントダウンが始まった。

御開帳で一般公開される県指定重要文化財の木造地蔵菩薩立像と地蔵堂内厨子が安置されている誓光寺裏の収蔵庫(左側)
御開帳で一般公開される県指定重要文化財の木造地蔵菩薩立像と地蔵堂内厨子が安置されている誓光寺裏の収蔵庫(左側)

ラスカ茅ヶ崎・平塚・小田原

11月26日(木)から29日(日)はJREポイント5倍キャンペーンを実施!

http://www.lusca.co.jp/

<PR>

足柄版のトップニュース最新6

小・中学校へハンドジェル

足柄RC

小・中学校へハンドジェル 社会

創立30周年で1市5町へ

11月21日号

認知症へ理解深めて

認知症へ理解深めて 教育

吉田島高でサポ養成講座

11月21日号

素材生かし「寄」に賑わいを

素材生かし「寄」に賑わいを 社会

魅力発信へ有志が新組織

11月14日号

山北を走って巡ろう

山北を走って巡ろう 社会

観光振興の可能性探る

11月14日号

「出前」開始から1年

南足柄市観光ボラ

「出前」開始から1年 社会

外出困難者の選択肢にも

11月7日号

防犯劇で特別功労表彰

立花学園高等学校

防犯劇で特別功労表彰 社会

「演劇で地域貢献」に評価

11月7日号

あっとほーむデスク

  • 11月21日0:00更新

  • 11月14日0:00更新

  • 11月7日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年11月21日号

お問い合わせ

外部リンク