足柄版 掲載号:2019年5月18日号 エリアトップへ

和紙のわらべ人形の創作作家として作品を作り続ける 露木 盛枝さん 山北町山北在住 83歳

掲載号:2019年5月18日号

  • LINE
  • hatena

いまが一番幸せ

 ○…まつりで賑わった駅周辺。一角にあるふるさと交流センターに立ち寄った時に白い和紙の人形に目がいった。国の重要無形民俗文化財「山北のお峯入り」を題材とした作品群だった。「町で個展を開いてから何度か展示しています。評判が良くてね。嬉しいです」とにこやかに語る。お峯入り公演を見て、写真等も参考にしながら多数の配役の創作人形を作りだした。いまにも動きだしそうな表情豊かな人形たちに顔のパーツは描かれていない。「私がつくる人形は顔を描かないの。見る人それぞれに感じとってもらいたいから」

 ○…60歳まで幼稚園や保育園の先生を務めた。教え子は多い。「皆大きくなっても声をかけてくれる。有り難いですね」。定年を前にして「生涯楽しめるものを」と、押し花や人形、絵手紙を始めた。人形は駒子人形から始め、NHKのおしゃれ工房の本を見て「童人形」に魅了される。「人形に色気を出すのは難しい。わらべは私にぴったりと思ったの」。その作家に師事するため、都内まで一カ月に1回通いつめた。

 ○…絵を描き、町の教育委員長なども務めた夫とは、定年後に2人で個展を開くことが夢だった。数回目の2人展の準備をしていた時に、夫が仕事先で倒れて帰らぬ人に。「突然のことでショックでした。立ち直れなかった」。孫の面倒などを見る中で少しずつ癒されていく。夫が亡くなり15年目を迎えた。趣味の手仕事と共に日々の自炊も楽しみ。「七草粥、団子づくり」など歳時記の暮らしを大切にする。「人のことをやっていると思うな。全部自分のことになる、と言われたことが今わかります」。幼い頃優しかった母との思い出や、育った清水の暮らしを人形で表現していきたいという。「今が最高に幸せ」。花のような笑顔に惹き込まれた。

足柄版の人物風土記最新6

内田 英治さん

11月に展示会を開く、足柄老爺柿愛好会「天目会」初代会長の

内田 英治さん

南足柄市在住 73歳

10月23日号

今井 雄一郎さん

共栄書房から「山鳥の魔力」を出版した

今井 雄一郎さん

南足柄市在住 53歳

10月16日号

國見 清さん

最乗寺で写真展を開催している「あしがら写友会」幹事の

國見 清さん

南足柄市在住 76歳

10月9日号

伊藤 美香さん

ユーチューブで映像配信を始めた山北クラシック音楽連盟の会長を務める

伊藤 美香さん

山北町在住 60歳

10月2日号

矢後 昇坪(しょうへい)さん

内山地域福祉会の会長を務める

矢後 昇坪(しょうへい)さん

南足柄市在住 77歳

9月18日号

露木 明さん

「西湘リコーダーバザール」実行委員長を務める

露木 明さん

南足柄市在住 70歳

9月4日号

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook