足柄版 掲載号:2019年6月1日号 エリアトップへ

小田原市消防本部 119番 多言語OK 外国人増加に通訳サービス

社会

掲載号:2019年6月1日号

  • LINE
  • hatena
24時間体制で対応する指令センター
24時間体制で対応する指令センター

 足柄上地域を管轄する小田原市消防本部は、増加が見込まれる外国人からの119番通報に対応するため、多言語通訳サービスを導入した。運用は6月1日午前0時から。

 2市5町を含む県西エリアは、9月のラグビーW杯で小田原市が豪州代表の合宿地になり、2020年の東京オリンピック・パラリンピックなどでも外国人観光客の増加が予想されている。

 導入したのは民間の電話センターによる通訳サービス。119番通報をすると同本部指令センター(小田原市前川)で受け、外国語の場合はサービスにつないで3者通話を行う。サービスは24時間365日稼働し、英語、韓国語、中国語、ポルトガル語、ベトナム語、タガログ語、インドネシア語、フランス語、ロシア語など17カ国語に対応。同時通訳で病状、火災状況、所在地などを聞く。搬送などを行う隊員も携帯電話に機能を導入し、搬送中にも3者通話ができるよう対応する。

 同本部は、英語のマニュアルを独自に作成していたが、総務省消防庁が20年までに多言語通訳サービスを導入するよう全国に通達したことを受けシステムを整備した。

 同本部の救急搬送件数は年間約2万件。うち外国人の搬送人数は16年25人、17年29人、18年15人と全体では少ないが、通訳サービスにより、現場の到着時間や場所の特定など迅速なサービスができるという。指令センターの担当者は「どんな状況でも同じように火災・救急サービスを行えることが必要」と話す。

足柄版のトップニュース最新6

大阪桐蔭高が5年連続公演

大阪桐蔭高が5年連続公演 文化

南足柄コンサートが定着化

11月16日号

ミャンマーから実習生

ミャンマーから実習生 社会

「草の家」と「和らぎ」

11月16日号

小玉佳吾選手が全国へ

100人カイギ 行政と連携

足柄峠通行止め続く

足柄峠通行止め続く 経済

地蔵堂で山側のり面崩落

11月2日号

市川咲希さん 文科大臣賞

市川咲希さん 文科大臣賞 文化

伊勢神宮奉納書道展 高校生の部

11月2日号

今度こそは かくれんぼ

今度こそは かくれんぼ 社会

11月9日 松田町で日本選手権

10月26日号

医療から介護まで

看護師・介護士(常勤・非常勤) 募集中  託児所あります

http://youfuukai.or.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月18日0:00更新

  • 4月6日0:00更新

  • 3月9日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

足柄版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月16日号

お問い合わせ

外部リンク