足柄版 掲載号:2019年6月29日号 エリアトップへ

コパベルマーレU-11 海外選手と互角にプレー 開成南小6年 堀口友聖君

スポーツ

掲載号:2019年6月29日号

  • LINE
  • hatena
果敢に攻撃を仕かける堀口君
果敢に攻撃を仕かける堀口君

 国内外の11歳以下の少年サッカーチームがしのぎを削った「コパベルマーレU―11」。6月22日、23日に平塚市馬入ふれあい公園サッカー場で開催され、イタリアの強豪・ユヴェントスのジュニアチームやポルトガルのスポルティング・クルーベ・デ・ポルトゥガルなどをはじめ、Jリーグの下部組織、ベルマーレのホームタウンの選抜チームなど国内外から24チームが参加した。

 その中でも湘南ベルマーレ(強化特待クラス)のメンバーとして出場した開成南小6年の堀口友聖君は全試合に出場し1得点。「やりたいことがあまりできなかった」と振り返るが、チームの3位入賞に貢献した。

 大会初日は雨でピッチコンディションが悪い中での試合となったが、ベルマーレは予選リーグを3勝負けなしで決勝トーナメントへ。

 翌日の準決勝ではユヴェントスと対戦。0―0のスコアレスでPK戦となり、5―4の僅差で敗れはしたが堀口君は「相手の体が大きかったけどドリブルでは勝つことができた」と前を向いた。

 続く3位決定戦ではスポルティングと対戦。中盤で互いに譲らぬ攻防が続く中、堀口君は前線で積極的なプレスをかけ、ボールを奪った味方の選手からパスを受けると巧みなボールコントロールで相手を交わし、強烈なシュートを放つもボールは惜しくもキーパーの正面をついた。その後も随所で攻撃のリズムを作り、勝利に貢献する活躍をみせた(スコアは1―0)。

 大会を終え、堀口君は「海外の選手や他チームの選手たちの球際の強さを実感した。まだまだ自分には足りない所がたくさんある。これから残りの小学校生活の半年間で(所属する)友愛SCで優勝したい」とこの経験を糧にするつもりだ。

足柄版のローカルニュース最新6

園庭が天然芝に

園庭が天然芝に 社会

JFAの事業を活用

4月17日号

自由な木々に囲まれて

記者のまちあるき

自由な木々に囲まれて 社会

4月17日号

劇団蒼天の花が発足

劇団蒼天の花が発足 社会

8月の上映目指す

4月17日号

色濃く赤い食用八重桜

色濃く赤い食用八重桜 社会

大井町から横浜・川崎へ

4月17日号

統合の交番、板囲い

統合の交番、板囲い 社会

解体時期などは未定

4月17日号

防災啓発で10周年

開成町 たんぽぽ

防災啓発で10周年 社会

4月17日号

あっとほーむデスク

  • 4月17日0:00更新

  • 4月10日0:00更新

  • 4月3日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter