足柄版 掲載号:2019年7月6日号 エリアトップへ

温暖化対策 県内初の推進協力証 南足柄市 職員も意識高く

社会

掲載号:2019年7月6日号

  • LINE
  • hatena
屋外展示が実現しなかった6月22日のフェア会場
屋外展示が実現しなかった6月22日のフェア会場

 南足柄市は地球温暖化対策を進めるため6月22日、県内の自治体で初めて「クールチョイス推進協力証」を締結したが、同日に行われた環境フェアでも、直前まで内容の充実化に努めた。

環境フェア 展示にもこだわり

 「環境フェア当日は雨でした。展示だけで終わってしまったのが残念でした」と担当の環境課が話すのは、この日のためにギリギリまで交渉して会場に持ち込んだソーラーカートやソーラークッカーが、太陽光を使って動かすことができなかったからだ。

 南足柄市は今年3月、南足柄市役所地球温暖化対策実行計画を策定し、業務部門での温室ガス排出量を40%削減する目標を定めた。その後に行われる同フェアの内容を可能な限り充実させようとしたのは、職員の高い意識の表れとともに計画の順調度がうかがい知れる。

 実際に、ギリギリまで内容が決まらなかったために、例年よりもイベント告知が遅れた。それでも「太陽光で調理された料理が食べたかった」「子どもを太陽光で動くカートに乗せたかった」と話す参加者も会場を訪れ、室内だけとなった展示物を興味深く見学していたという。

 環境課では「将来の環境を見据える上で、現在の子どもたちへの意識付けは重要」と話しており、会期中の前半は南足柄市環境美化週間事業実行委員会による小学生の環境学習も行われ、イベントを通して子どもたちが楽しんで学べる環境も整えた。

 県の地球温暖化防止活動推進センターと協力証を取り交わした加藤修平市長は「神奈川県では初の取り組み。市総ぐるみで温暖化対策に取り組みたい」と話した。

星槎で夏のオープンキャンパス

学校をおもいっきり楽しむ!自分らしく過ごせる場所がある!

http://seisa.ed.jp/odawara/

<PR>

足柄版のトップニュース最新6

50周年の節目祝う

50周年の節目祝う 経済

南足柄市商工会青年部

2月15日号

廃トンネル内ウド出荷へ

廃トンネル内ウド出荷へ 経済

2月15日から販売開始

2月15日号

かながわ駅伝あす号砲

かながわ駅伝あす号砲 スポーツ

足柄地域のチームが気勢

2月8日号

子ども向け科学本大集合

子ども向け科学本大集合 教育

南足柄市立図書館 2月末まで

2月8日号

なるか最終メンバー入り

春の甲子園

なるか最終メンバー入り スポーツ

東海大相模高 高橋綾人選手

2月1日号

スマートIC23年度開通へ

スマートIC23年度開通へ 経済

山北町 新東名工期延期で

2月1日号

足柄上一周駅伝あす号砲

足柄上一周駅伝あす号砲 スポーツ

合同庁舎を9時発走

1月25日号

あっとほーむデスク

  • 5月18日0:00更新

  • 4月6日0:00更新

  • 3月9日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク