足柄版 掲載号:2019年9月7日号 エリアトップへ

松田町域で施工計画見直し 新東名開通3年延期

経済

掲載号:2019年9月7日号

  • LINE
  • hatena

 新東名の建設を進めているNEXCO中日本は8月27日、秦野IC(インターチェンジ)〜御殿場IC間の開通時期を2020年度から2023年度に延期するなど、工期の変更を発表した。山北スマートインターの完成も3年遅れの2023年となる。

 開通時期が遅れる要因となったのが、松田町域での施工計画見直しだ。のり面崩落に伴う工事用進入路のルート及び構造の見直し、想定以上の断層破砕帯(ずれの生じた断層面に沿ってできる岩石破砕部。一般的に軟弱で浸食、崩壊が進む)が確認され、橋梁構造形式の変更を余儀なくされた。

 現地の形状は急峻かつ狭隘な山岳地形。工事用進入路整備の段階で、のり面崩落によるルートや構造の見直し、急斜面の転石、岩塊の落下防止、大規模な仮設設備の設置など、整備が難航しているという。

 また、橋梁構造形式の変更については、詳細な地質調査を行った結果、断層破砕帯が想定以上の広範囲であったことが判明。断層を避けた位置に下部工を配置するなど、構造見直しの必要に迫られた。

 下部工位置の見直しにより、A2橋台(右上図)がトンネル内に配置されるため、トンネル坑口ののり面補強、トンネル大断面掘削、坑門工他を施工の後、A2橋台を施工する計画に見直したという。

 同社では「引き続き工程短縮に努め、1日も早い開通へ努力します」と話している。

現地の上空写真(左)
現地の上空写真(左)

足柄版のトップニュース最新6

大阪桐蔭高が5年連続公演

大阪桐蔭高が5年連続公演 文化

南足柄コンサートが定着化

11月16日号

ミャンマーから実習生

ミャンマーから実習生 社会

「草の家」と「和らぎ」

11月16日号

小玉佳吾選手が全国へ

100人カイギ 行政と連携

足柄峠通行止め続く

足柄峠通行止め続く 経済

地蔵堂で山側のり面崩落

11月2日号

市川咲希さん 文科大臣賞

市川咲希さん 文科大臣賞 文化

伊勢神宮奉納書道展 高校生の部

11月2日号

今度こそは かくれんぼ

今度こそは かくれんぼ 社会

11月9日 松田町で日本選手権

10月26日号

あっとほーむデスク

  • 5月18日0:00更新

  • 4月6日0:00更新

  • 3月9日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

足柄版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月16日号

お問い合わせ

外部リンク