足柄版 掲載号:2020年1月11日号 エリアトップへ

参加者評価が全国7位に 天狗のこみちマラソン

スポーツ

掲載号:2020年1月11日号

  • LINE
  • hatena
楽しみながら走る参加者
楽しみながら走る参加者

 日本最大級のランナーのためのポータルサイト「RUNNET」が、参加ランナーからの評価の平均点をランキングしたものを発表し、昨年6月に南足柄市で行われた「天狗のこみちマラソンin南足柄」が7位にランクされた。

 大雄山最乗寺を会場に昨年3回目の開催となった同マラソンが、2019年に行われた10キロマラソンの部で全国7位の高評価を得た。全国1位は富山県の第36回カーター記念黒部名水マラソンだった。

 同大会は、南足柄市在住在勤の市民ランナーを中心とした14人の市民団体が主体となり、2016年から始めた手作りの大会。協賛・協力する事業所・各種団体は100以上、大会ボランティアは250人を超え、市をあげてのイベントに成長した。

 実行委員会の藤崎彩子さんは「実行委員会の皆さんのおかげ。アイデアを持ち寄って話し合い、自らが動くスタイルをとっていますが、これもそれぞれが責任感を持ち行動力があるからこそ。感謝しています」と話している。

出走権をふるさと納税返礼品に

 今年6月28日(日)に開催することが決まった第4回大会は、レースへの出走権を南足柄市へのふるさと納税の返礼品にする取り組みも行われる。自治体主催の大会では、こうした取り組みは行われているが、営利目的ではない1市民団体が行うものとしては、極めて稀だという。

 同大会の定員700人のうち9割以上が市外からの参加で、藤崎さんは「ふるさと納税枠は100人で考えています。どれだけ応募があるかわかりませんが、チャレンジします」ときっぱり。

 また、新たな企画として、実行委員会とボランティアスタッフ、協賛・協力者との合同での打ち上げ等も考えているという。

足柄版のトップニュース最新6

県がバリアフリー表彰

県がバリアフリー表彰 経済

松田町子育て等支援住宅

2月22日号

VRで認知症を体験

VRで認知症を体験 社会

健常者が100人 驚きの声も

2月22日号

50周年の節目祝う

50周年の節目祝う 経済

南足柄市商工会青年部

2月15日号

廃トンネル内ウド出荷へ

廃トンネル内ウド出荷へ 経済

2月15日から販売開始

2月15日号

かながわ駅伝あす号砲

かながわ駅伝あす号砲 スポーツ

足柄地域のチームが気勢

2月8日号

子ども向け科学本大集合

子ども向け科学本大集合 教育

南足柄市立図書館 2月末まで

2月8日号

スマートIC23年度開通へ

スマートIC23年度開通へ 経済

山北町 新東名工期延期で

2月1日号

あっとほーむデスク

  • 5月18日0:00更新

  • 4月6日0:00更新

  • 3月9日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月22日号

お問い合わせ

外部リンク