足柄版 掲載号:2020年3月7日号 エリアトップへ

災害時EV車で電力供給 開成町と日産自動車が協定

経済

掲載号:2020年3月7日号

  • LINE
  • hatena
新庁舎1階ロビーで調印式が行われた
新庁舎1階ロビーで調印式が行われた

 開成町は、災害による大規模停電に備え、避難所等への電気自動車による電力供給について3月2日、日産自動車(株)をはじめ町内の販売会社3社と協定を締結した。

 協定は災害発生時、電気自動車(EV)「日産リーフ」からの給電により、継続して電力を供給する体制を整えることで、避難所の円滑な運営を図り、町民の生命及び身体の安全を確保する。EVは「走る蓄電池」ともいわれている。

 日産グループにとって神奈川県内5番目の協定締結で、県西地域では初めてとなる。

 日産自動車からの支援事例としては、昨年9月の台風15号による千葉県の長期停電が挙げられる。合計50台以上のリーフが提供され、非常用電源として使用された初の事例となった。同社はEV活用による地域課題解決に努めている。

 締結当日はリーフからの電力供給のデモンストレーションも実施。1台からコンセント3つ分の電力供給(62kWh)が可能で、電子レンジや電気ストーブなどに通電する様子が披露された。

 竣工間近の新庁舎を防災の拠点として機能させる開成町は、防災面と環境面の強化に取り組んでいる。府川裕一町長は「防災の拠点としてだけではなく、環境にやさしい庁舎にしたい。ソーラー電気に加え、EV車の蓄電池で備えは強化される」と話している。

 また、日産自動車は「電気自動車の蓄電池としての価値を活用し、日本社会を変革したい」と話していた。

電気供給のデモも
電気供給のデモも

足柄版のローカルニュース最新6

副議長に池田真一氏

南足柄市議会

副議長に池田真一氏 政治

5月23日号

「県民の警察官」に

「県民の警察官」に 社会

秦野署の高田篤人警部補

5月23日号

県内プロ15チーム 1つに

県内プロ15チーム 1つに スポーツ

eスポーツで医療支援

5月23日号

図書館出窓に掲示板

図書館出窓に掲示板 文化

おおい自然園

5月23日号

続々と地元から支援の手

続々と地元から支援の手 社会

あしかみ全力応援プロジェクト

5月23日号

足柄事件簿

5/7〜5/13

足柄事件簿 社会

松田警察署管内

5月23日号

あっとほーむデスク

  • 5月18日0:00更新

  • 4月6日0:00更新

  • 3月9日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月23日号

お問い合わせ

外部リンク