足柄版 掲載号:2020年6月13日号 エリアトップへ

南足柄市 子育て支援着々 保育所、学童、受け入れ拡大

教育

掲載号:2020年6月13日号

  • LINE
  • hatena

 南足柄市は、4月1日に保育所等待機児童数が「ゼロ」になったことを明らかにした。年々利用申込み数が増える中、受け入れ施設を拡大することで対応した。また、放課後児童クラブについても受け入れ拡大策により、待機が「ゼロ」に近い状態に。市の子育て支援策が着々と整いつつあるようだ。

 2020年から始まった「子ども・子育て支援新制度」に伴い、市では民間事業者とも連携し、利用定員数を拡大してきた。保育園の利用申込率も年々増加するという、さながら「いたちごっこ」の様相を呈していたが、この状況にもかかわらず「ゼロ」を実現した。6月1日の時点でも継続しているという。

 市では、民間保育施設の開設・増改築や民間幼稚園の認定こども園移行に対する支援を実行。その結果、2020年4月1日の保育所等の状況は、施設数が10カ所、利用定員数が755人となり、2015年4月1日時点と比べ、施設数は2倍に、利用定員数は185人の増(32・5ポイント増)となった。

 2020年度も就学前児童数に対する保育所等の利用申込数を示す「利用申込率」は前年度より上昇している。あいにくのコロナ禍により「登園自粛要請」が出るなど、今年の4月は子育て支援については逆風となったが、それでも「ゼロ」を実現するなど、保育ニーズに十分応えられる体制が整ったといえそうだ。

学童も受け入れ拡大

 また、小学生を受け入れる放課後児童クラブについても、年々申込数が増加中。今年度については、2月20日時点で340人の利用申込みがあり、前年の41人増となった。これについてはクラス数を増やすことで受け入れ人数を増やし、ほぼ申込数と同数のキャパを確保したという。

 その後も申込があり「ゼロ」の実現は果たせていないが、市では「制度の充実や要件の緩和なども含め、子育てしやすいまちづくりを、よりいっそう推進していく」と話し、子育て世代を支えていく構えだ。

足柄版のトップニュース最新6

初詣、対応に悩む寺社

初詣、対応に悩む寺社 社会

感染者減少も対策は継続

11月27日号

木材用塗料会社が寄付

松田小建設工事

木材用塗料会社が寄付 社会

企業版ふるさと納税で300万

11月27日号

黒板アート甲子園で入賞

松田中美術部

黒板アート甲子園で入賞 教育

作品名「#青春は爆発だ!」

11月20日号

水上住宅12月着工へ

水上住宅12月着工へ 社会

事業用地で起工式

11月20日号

ゆかわさん、絵本出版

ゆかわさん、絵本出版 文化

南足柄の元美術教諭

11月13日号

右拳で掴んだ勝利

柏木輝翔さん(南足柄市)

右拳で掴んだ勝利 スポーツ

ボクシング県予選1位

11月13日号

マツダ小田原店

最新鋭機能を備えたサービス工場 2021年7月1日 新世代店舗OPEN

http://www.mazda-odawara.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月27日0:00更新

  • 11月20日0:00更新

  • 11月13日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年11月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook