足柄版 掲載号:2020年9月5日号 エリアトップへ

相洋の主軸担い県準V 文命中出身 加藤、鈴木選手の夏

スポーツ

掲載号:2020年9月5日号

  • LINE
  • hatena
主将としてチームを元気付けてきた加藤選手
主将としてチームを元気付けてきた加藤選手

 「令和2年度神奈川県高校野球大会」。参加175校の頂点を決める決勝戦は、相洋高校と東海大相模高校の対戦となり、8月23日に横浜スタジアムで行われた。

 相洋は史上初の決勝進出。主軸としてチームを引っ張ってきたのは、文命中出身の加藤陸久捕手と鈴木心晴選手(共に3年)だ。この日のスコアボードには「3番・加藤」「4番・鈴木」が並び、王者に挑んだ。

 加藤選手がレフトにハマスタでの初本塁打を放つなど終盤までリードを奪っていたが8回に逆転を許し、5─9で敗れ、初優勝を逃した。

互いの存在力に

 エース・本田眞也投手をはじめ、投手陣を巧みにリードし、ゲームを作ってきた加藤捕手。決勝でも「誰が投げても特徴を活かしたピッチングを」と常に心掛け、言葉通りに扇の要としての役割を果たしきった。

 また、打っても5回戦の慶應義塾高戦では、4点をリードされて迎えた5回に1点差に迫るタイムリー、準々決勝の立花学園戦では流れを呼ぶ先制タイムリーを放つなどチームを牽引した。

 一方、鈴木選手は初戦から調子が上がらず「あと一本」が出ない試合が続いた。気心知れた加藤選手は「心晴はここぞという場面で打ってくれる。これから大事な場面で必ずやってくれる」と背中を押し続けた。

 それに応えたのは準決勝の星槎国際湘南戦の第二打席。相手投手のストレートを捉えると打球はライトスタンドに飛び込む3ラン。「結果が出ない自分に仲間が暖かい声をかけてくれた。今日もチャンスで回してくれた仲間に感謝して打席に向かった」と汗を拭った。鈴木選手はこの日、4安打の活躍だった。

 「特別な夏」に相洋大躍進の原動力となった2人。卒業後はそれぞれの進路を歩む。加藤選手は「心晴が準決勝で打ってくれたから自分も決勝で打てた気がする。あの明るさが頼りになった」と話し、鈴木選手も「野球を始めた頃からいつも加藤が自分の前にいた。進路が違ってもお互い刺激し合える関係でありたい」と、互いが今後の飛躍を誓った。
 

準決勝で3ランを放った鈴木選手
準決勝で3ランを放った鈴木選手

足柄版のローカルニュース最新6

高齢世帯へ弁当配布

暗算で県教育長賞

暗算で県教育長賞 教育

松田小6年・南雲君

9月26日号

「あおり運転は、犯罪です」

ドライブレコーダーをつけよう!

「あおり運転は、犯罪です」 社会

9月26日号

キャッシュカードに切り込み

手交型で急増中

キャッシュカードに切り込み 社会

9月26日号

連携して安全守る

連携して安全守る 社会

神奈川県松田警察署長 新津憲一

9月26日号

期末手当20〜25%削減

山北町議会 特別職・議員

期末手当20〜25%削減 経済

コロナ対策財源に

9月19日号

KuraMaster 受賞店

丹沢山水系の水利用。全量小仕込み、箱麹法を用いるなど酒造へのこだわりも

https://setosyuzo.ashigarigo.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月19日0:00更新

  • 9月12日0:00更新

  • 9月5日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年9月26日号

お問い合わせ

外部リンク