足柄版 掲載号:2021年2月27日号 エリアトップへ

大学の卒業制作で開成弥一芋をモチーフにオリジナルグッズを作った 瀬戸 桃子さん 開成町在住 22歳

掲載号:2021年2月27日号

  • LINE
  • hatena

「町が好き」を原動力に

 ○…「せっかくだから何か地元の活性化につながるものを、と思ったのがきっかけでした」と第一声。大学の卒業制作で、開成町の特産品である「開成弥一芋」をモチーフにバッグやクッションなどオリジナルグッズを作った。シルクスクリーンを使い1枚1枚手で刷りあげた生地には、茶色や黄色、ピンクの「芋」が並ぶ。かわいらしさの中にあたたかみを感じられるデザインが印象的だ。

 ○…卒業制作は当初、友禅染の着物等を使ったドレスを作る計画だった。そんな中、インターネットで各地の「ご当地グッズ」を見かけ、「大好きな開成町にも何かアピールするものがあったら面白い」と、芋モチーフへ方向転換。デザイン中は悩むことも多かったが、それでも「開成町の人の明るさや、有名なアジサイの花の色を表現できた」とほほ笑む。

 ○…3人きょうだいの末っ子。小学生の頃から「図工などの作品を家族に見せて褒めてもらうとうれしかった」と懐かしむ。高校では家庭部、現在は大学の生活デザイン学科でテキスタイルを中心に学んでいる。専門的に学ぶことでデザインやモノづくりを通して表現できることの多さを再認識し、その意欲は高まるばかりだ。

 ○…趣味は旅行と御朱印集め。今回のご当地グッズを思いついたのも、いつか行くための旅行情報を調べる中でのことだった。「大学の友達が、小田原や箱根は知っているのに、開成は知らない。実は自分も何があるかよく知らなかったんですけどね」と苦笑。卒業制作は大好きな地元をより深く知るきっかけにもなった。グッズに商品化などの予定はないが「少しでも、まちを知ってもらうきっかけになれたとしたら嬉しいです」とほほ笑んだ。

足柄版の人物風土記最新6

高橋 貴博さん

全国優勝した少年ソフトボール選抜チーム「西湘」の監督を務める

高橋 貴博さん

小田原市酒匂在住 57歳

4月17日号

山口 政則さん

松田警察署長に就任した

山口 政則さん

松田町在住 58歳

4月10日号

菊池 あかねさん

開成町と移送に関する協定を結んだ「福祉タクシー千+α」の代表

菊池 あかねさん

開成町在住 50歳

4月3日号

根岸 亜美さん

オダワラブレイクの企画を手掛ける

根岸 亜美さん

大井町在住 27歳

3月27日号

山本 良憲さん

レストランガイド「ゴ・エ・ミヨ」に掲載された「メシモ」のソムリエ

山本 良憲さん

松田町出身 36歳

3月20日号

山岸 万里子さん

毛糸を使った刺繍「タピボン手芸」を広める

山岸 万里子さん

小田原市在住 59歳

3月13日号

あっとほーむデスク

  • 4月17日0:00更新

  • 4月10日0:00更新

  • 4月3日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter