足柄版 掲載号:2021年10月23日号 エリアトップへ

11月に展示会を開く、足柄老爺柿愛好会「天目会」初代会長の 内田 英治さん 南足柄市在住 73歳

掲載号:2021年10月23日号

  • LINE
  • hatena

老爺柿の魅力、伝えたい

 ○…小さな柿の実をつける盆栽樹種の1つ「老爺柿(ろうやがき)」。6年前に友人と2人で愛好会「天目会」を立ち上げた。一般的には知名度が低いことから、より多くの人に知ってもらおうと、年に2回ほど展示会を開催するなどPR活動にも力を入れている。現在会員は11人。「好きな人が集まったシンプルなものですよ」と笑う。

 ○…盆栽は数十センチから、大きいものは1メートル近くになるものまである。実の色は一般的なオレンジのほか紅、黄など多彩。形も丸実や細実など多種にわたる。特に好きなのは「ひょうたん型」で、子どもを見るような愛おしそうな表情を見せる。毎年9月から11月にかけ実の色が変化していくのが楽しみ。また、花が咲いた数全てに実がなるわけではないと言い「実になるのは3分の1くらい」という栽培の難しさも、自身の心をひきつけて離さない。

 ○…高校卒業後、富士フイルムに入社。現役時代から花や植物に関心を寄せていたこともあり、定年後は趣味を生かし山野草の販売を始めた。「妻も理解を示してくれたかな」。子どもたちが独立した今、南足柄市内にあるビニールハウスで500〜600種類の山野草を育てている。「ハウス内をくまなく歩き回るから、良い運動になるんだよ」と笑う。「新芽が出て育ち、そしてつぼみになり花が咲く。この過程と一つひとつの変化が愛おしい」と話す横顔は、植物への愛に満ち溢れている。

 ○…仲間たちと行くカラオケが楽しみで「会の立ち上げ以降、交流の幅が広がった」と言う。新型コロナウイルスが蔓延する前は週に1回は行っていたという。十八番は五木ひろしで「なかでも『渚の女』が好きなんだ」と鼻歌交じりに口ずさんだ。

足柄版の人物風土記最新6

渡部 久人さん

小学校で三味線の特別授業を実施している

渡部 久人さん

南足柄市在住 79歳

12月4日号

米山 玄斉大(としお)さん

三嶋神社(大井町)の責任役員を務める

米山 玄斉大(としお)さん

大井町在住 88歳

11月27日号

小林 好之さん

2021年度の神奈川の名工に選ばれた

小林 好之さん

東雄技研(株)勤務 58歳

11月20日号

米山 孝さん

開園50年を迎えた、町立開成幼稚園の園長を務める

米山 孝さん

御殿場市在住 64歳

11月13日号

辻 理孝(まさたか)さん

開成弥一芋研究会の会長を務める

辻 理孝(まさたか)さん

開成町在住 54歳

11月6日号

伊久間 洋輔さん

湘南ベルマーレフットサルクラブの指揮を執る

伊久間 洋輔さん

藤沢市在住 45歳

10月30日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月4日0:00更新

  • 11月27日0:00更新

  • 11月20日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月4日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook