足柄版 掲載号:2021年11月13日号 エリアトップへ

開園50年を迎えた、町立開成幼稚園の園長を務める 米山 孝さん 御殿場市在住 64歳

掲載号:2021年11月13日号

  • LINE
  • hatena

「笑顔」が原動力

 ○…「遊びは学びにつながる」を信念に、園児たちがのびのびと遊べる環境をつないできた。開園50周年式典は新型コロナの影響で1年遅れ、10月に行われた。県内の公立幼稚園ではトップの園児数を誇り、親子で卒園生も多数。「これまで以上の活性化と町民に愛される園を目指したい」と気持ちを新たにする。

 ○…昆虫採集など自然の中で遊ぶのが好きだった少年時代。勉強嫌いで、中学・高校時代はバレーボール部で汗を流した。高3の時、進路相談にのってくれた尊敬する教諭に影響され、同じ道を目指す決意をしたという。帝京大学教育学部を卒業後、22歳で山北町立川村小学校4年生の担任に。開成小などを経て57歳の時に川村小学校の校長になり定年退職した。

 ○…教諭時代に交流のあった当時の開成町の教育長から誘いを受け4年前に幼稚園の園長に就任した。先生が楽しめる環境づくりをめざし「先生が笑顔で取り組めば、子どもたちも自然に笑顔で溢れる」とにこやか。園庭で遊ぶ園児の声が園内にも響き「元気が一番」と話す横顔はすこぶるやさしい。教諭からのアイデアを積極的に取り入れ、自身はそのサポートに徹し「先生がやりたいことをやれる体制を整えることが私の役割」と。

 ○…10年前、「地域の自然環境を伝える」をテーマにした授業の資料用に写真を撮り始めたことがきっかけで、野鳥の撮影が趣味に。夫婦で全国を回ることもしばしば。「特にキビタキが好き。喉の橙黄色が魅力的なんだ」と目を輝かせる。毎回希望の野鳥が撮影できるわけではなく、空振りで帰ることのほうが多い。「撮影できなくてもその過程が楽しくリフレッシュになる。コロナが落ち着いたらまた行きたいね」。明日につながる活力の源だ。

足柄版の人物風土記最新6

本澤(ほんざわ) 尚之さん

開成ジュニアアンサンブルの代表を務める

本澤(ほんざわ) 尚之さん

開成町在住 51歳

1月15日号

瀬戸 恒彦さん

地域の交流拠点につなげようと、私設図書館を作った

瀬戸 恒彦さん

山北町在住 65歳

1月8日号

野口 聖純(さとし)さん

(一社)あしがら青年会議所(JCI)の2022年度理事長に就いた

野口 聖純(さとし)さん

開成町在住 37歳

1月1日号

増田友厚さん

大雄山最乗寺の山主に就いた

増田友厚さん

南足柄市在住 74歳

12月18日号

橋本 太市さん

南足柄市の水を商品化した「金太郎の力水」の企画・販売する

橋本 太市さん

(株)ハシモト代表取締役 49歳

12月11日号

渡部 久人さん

小学校で三味線の特別授業を実施している

渡部 久人さん

南足柄市在住 79歳

12月4日号

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook