足柄版 掲載号:2021年11月27日号 エリアトップへ

三嶋神社(大井町)の責任役員を務める 米山 玄斉大(としお)さん 大井町在住 88歳

掲載号:2021年11月27日号

  • LINE
  • hatena

感謝は行動で示す

 ○…長年の風雨や鳥獣などによる被害で劣化が進んでいた稲荷社の修復作業が終わり、10月に竣工祭を開いた。修復に掛かる費用を工面するため企業や関係各所を回り、寄付金協力を呼び掛けるなど奔走した日々を振り返り「役員や関係者の協力で成し遂げられたこと」と安堵の表情を見せる。しかし、今後も除夜祭、節分祭など役員28人の責任者としての仕事に終わりない。忙しくも「神社と地域のため」の思いが背中を押す。

 ○…2015年に責任役員となってから境内にある樹木の剪定など美化活動に力を入れている。そこにあるのは、神社の杜を次世代へ繋ぐという使命感。このほか、3年前から始めた年末年始限定の参道提灯飾り。期間中は、闇夜に浮かぶ厳かな明かりに参拝者も足を止め眺め入る。「今後も宮司と協力し、役員の理解を得ながら維持や管理に努めたい」と前を向く。

 ○…生まれも育ちも大井町で8人兄弟の末っ子。終戦時は小学5年生で、畑で玉音放送を聞き「これからどうなるんだろ」と不安に思ったことが記憶に残る。小学校の教諭になり定年まで勤め、退職後は大井町の社会教育委員や教育委員長などを歴任するなど地域のために尽力した。箱根町の巡回図書館員として勤めたこともあり「教員退職後のほうが忙しかったよ」とおどけてみせる。

 ○…人とのコミュニケーションが楽しみで、話し好き。立ち寄った飲食店でも、隣の席の人と会話に花が咲くこともしばしばで「妻は私と一緒に行くのを少し嫌がるんだよ」。日課は、朝晩、先祖や両親へ感謝の気持ちを伝えること。米寿を迎えた今も、家族のため、地域のため、神社のために尽くすことにためらいはない。

足柄版の人物風土記最新6

本澤(ほんざわ) 尚之さん

開成ジュニアアンサンブルの代表を務める

本澤(ほんざわ) 尚之さん

開成町在住 51歳

1月15日号

瀬戸 恒彦さん

地域の交流拠点につなげようと、私設図書館を作った

瀬戸 恒彦さん

山北町在住 65歳

1月8日号

野口 聖純(さとし)さん

(一社)あしがら青年会議所(JCI)の2022年度理事長に就いた

野口 聖純(さとし)さん

開成町在住 37歳

1月1日号

増田友厚さん

大雄山最乗寺の山主に就いた

増田友厚さん

南足柄市在住 74歳

12月18日号

橋本 太市さん

南足柄市の水を商品化した「金太郎の力水」の企画・販売する

橋本 太市さん

(株)ハシモト代表取締役 49歳

12月11日号

渡部 久人さん

小学校で三味線の特別授業を実施している

渡部 久人さん

南足柄市在住 79歳

12月4日号

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook