足柄版 掲載号:2022年5月7日号 エリアトップへ

大井町 PHV車で災害時電力確保 神奈川トヨタと協定

社会

掲載号:2022年5月7日号

  • LINE
  • hatena
調印式後PHV車前に並ぶ小田町長(右)と市川代表取締役
調印式後PHV車前に並ぶ小田町長(右)と市川代表取締役

 災害により大規模停電が発生した際の防災拠点や避難所等の電力確保を目的に、大井町は4月26日、神奈川トヨタ自動車株式会社(本社/横浜市、市川英治代表取締役)と給電車両貸与に関する協定を締結した。

 貸与される車両は、同社のプリウスPHV車。1500ワットまで複数の電気製品の同時使用が可能で、ガソリンが満タンの状態であれば一般家庭の約4・5日分の電力を供給できる。スマートフォンなら約4000台分に相当するという。

 町は災害時に防災拠点や避難所となる「おおい中央公園」での運用を想定しており、人や物資を受け入れる「ボランティアセンター」として機能する園内休憩所の夜間電力に活用したい考え。

 調印式で町は、有事の備えには蓄電能力に優れ、機動性と供給機能を持つ給電車両が望ましいとして「町内に店舗を構える神奈川トヨタに相談した」と協定締結の経緯を説明した。

 同社にとって、県内自治体と災害時の車両貸与に関する協定を結ぶのは初めて。貸与車両は町の要請を受けて、町内にある販売店から1台を届けるとしている。

 調印式後、あいさつに立った小田眞一町長は、「大規模災害時には、復旧までにエネルギーが長時間必要になる。自然災害の発生を防ぐことはできないことから、今回の協定はとても心強い」と話した。

 一方、市川社長は、大井町で活動する高尾棚田保存会の地酒の酒米づくりに3年前から社員が参加していることなどに触れ「これからも地域への協力を惜しまず、頼られる企業であり続けたい」と話していた。

 町担当課は「大規模災害への備えは最重要課題の一つ」だとして、このほかにも電力確保の強化を進めていく方針。その一環として今年度中にも同公園内に、太陽光による給電施設の整備に着手していくという。

バウビオロギー住宅が完成

7月2日・3日に小田原市久野で現場見学会を開催

https://www.k-abeken.com

<PR>

足柄版のトップニュース最新6

消費拡大へご当地キャラ

足柄茶

消費拡大へご当地キャラ 社会

松田の斎藤茶舗が新商品

6月25日号

明治の「西大井村絵図」公開

県立公文書館

明治の「西大井村絵図」公開 社会

地元自治会が取り上げ話題

6月25日号

どうなる小・中水泳授業

どうなる小・中水泳授業 社会

足柄上1市5町を調査

6月18日号

子育て応援で3万円給付へ

南足柄市

子育て応援で3万円給付へ 社会

7月中旬予定、対象は4100人

6月18日号

産学連携で田植えに汗

大井町高尾地区

産学連携で田植えに汗 文化

6年目の酒米づくり

6月11日号

寄にホタルシーズン到来

寄にホタルシーズン到来 社会

地域団体ら連携して催し

6月11日号

子供達が健やかに成長できる未来

小田原市出身・在住 井上よしゆき

https://inoue-yoshiyuki.jp/

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月25日0:00更新

  • 6月18日0:00更新

  • 6月4日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook