神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
足柄版 公開:2024年3月30日 エリアトップへ

南足柄市消防団 最高栄誉の「まとい」受章 団長「活動に大きな励み」

社会

公開:2024年3月30日

  • X
  • LINE
  • hatena
表彰状を持つ瀧本団長と「まとい」
表彰状を持つ瀧本団長と「まとい」

 南足柄市消防団(瀧本正一団長・7分団・191団員)は3月8日、長年にわたる功績が認められ(公財)日本消防協会より特別表彰「まとい」を受章した。県内では12団目、県西地域では湯河原町に続き2団目。

 全国にある約2200団の中から毎年10団のみが選ばれる特別表彰「まとい」は、消防団最高の栄誉とされる。受章には同協会の表彰旗が授与されてから10年以上にわたって「操法大会」などで優秀な成績を収め、日々の活動を熱心に取り組み他団の模範として認められるなど、さまざまな条件がある。団としての活動の「積み重ね」が評価されるものだ。

 瀧本団長は「歴代の団長はじめ団員達の活動のたまもの。『まとい』は私はもちろん、諸先輩方にとっても悲願だったと思うのでうれしいです」と笑顔で話す。

 南足柄市では県の操法大会以外にも各分団が参加する操法大会を開催。瀧本団長によると、県西地域で現在継続的に実施しているのは同市と湯河原町のみだという。

地域のため団員確保

 今年度20回程あった緊急出動に加え、日々の訓練を含めると活動日は年100日以上にのぼる。負担が大きいことなどから同団の団員も減少傾向にある。そこで、行事には参加せずに災害時のみ出動する「機能別消防団員」制度を新設したり、女性が参加できるよう宿舎の設備を充実させたりするなど、団員確保に知恵を絞る。

 瀧本団長は「今回の受章が団員の大きな励みになっているのは間違いない。自分たちの地域は自分たちで守るという強い意識をもち、これからも訓練を続けていきたい」と意気込んだ。

足柄版のトップニュース最新6

中学生の学習サポート

大井町在住水野修身さん

中学生の学習サポート

教諭経験、町制度で生かす

5月18日

絵は南足柄・山田さん

大谷翔平ものがたり

絵は南足柄・山田さん

図書館では特集展示中

5月18日

再エネ電力使い脱炭素化

南足柄市清掃工場

再エネ電力使い脱炭素化

CO2削減効果は年624t

5月11日

新体育施設 来年3月完成

山北町

新体育施設 来年3月完成

武道と集いの空間に

5月11日

英語スキル向上を後押し

開成町

英語スキル向上を後押し

全町民に検定受験料補助

5月4日

大井の「コンシェル」に

お笑い芸人スベリィさん

大井の「コンシェル」に

移住定住促進を担当

5月4日

あっとほーむデスク

  • 5月18日0:00更新

  • 5月11日0:00更新

  • 5月4日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook