神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
足柄版 公開:2024年6月22日 エリアトップへ

戦時下の足柄を語り継ぐ  抑留者家族が現地で企画

教育

公開:2024年6月22日

  • X
  • LINE
  • hatena
会を主催する出羽仁さん
会を主催する出羽仁さん

 戦時中、足柄地域に敵国民間人の抑留所があった。足柄地域の戦争を語り継ぐ「神奈川第1抑留所を語り継ぐ会」が7月6日(土)、旧北足柄中学校跡地で行なわれる。主催者で、英国籍の父親が抑留所に収容されていた出羽仁さん(横浜市戸塚区在住、71)は「抑留所があった場所で忘れてはいけない歴史について考えたい」と話す。

 1941年12月の太平洋戦争開戦時、日本に居た連合国側の国籍を持つ民間人で抑留されたのは全国で340人余り。神奈川県では90人余りが収容、これは全国で最多の人数だった。

 戦況が厳しくなった43年、横浜市中区にあった神奈川第1抑留所は、北足柄中学校があった場所(南足柄市内山)に移転。アメリカ、イギリス、カナダなど連合国側の国籍を持つ53人の民間人が警察の厳しい監視下、抑留生活を強いられた。収容者は地元の農家の手伝いや山仕事をするなど、地域の人々との交流もあったという。

 出羽さんによると「戦時下の食料事情が厳しくなる中、満足な医療を受けられずに5人が死亡した。これは全国の中でも非常に高い死亡率」と話す。

 旧北足柄中学校跡地は、戦前カトリック修道会マリア会の山荘で、暁星中学校の夏季施設として使用されていた。戦時中は神奈川県の所有となり、戦後、48年に北足柄中学校が移転。抑留者が生活していた建物2棟も58年まで学校施設として使われてきた。同校は、2010年に閉校した。

6日 語り継ぐ会

 語り継ぐ会は7月6日(土)、旧北足柄中学校跡元校舎2階で行なわれる。時間は午後1時から3時。当日は、校舎裏手にある墓碑への供花、戦争研究者の小宮まゆみ氏の「戦時下の敵国人抑留について」の話や、地元の「劇団ぽぽ」による戦争に関する紙芝居の上演、抑留者の家族による話し、質疑応答などが予定される。参加費用は高校生以上300円、定員は50人程度。

 日本で長年医療に従事してきた出羽さんは「私は日本国籍を取得したが、日本は二重国籍が取得できないなど、閉鎖された部分もある。社会のグローバル化が進む現在、国籍などのアイデンティティとどう向き合い、多様性をいかに対応すべきが意識することも大切」と話す。

 申し込み、問い合せは出羽仁さん【電話】090・4818・7436、【メール】dewa1728@ybb.ne.jp。

足柄版のトップニュース最新6

自転車も安全意識高めて

開成町

自転車も安全意識高めて

小学生に運転免許交付

7月20日

物流2024年問題を調査

神奈川県トラック協会

物流2024年問題を調査

 働き方改革関連法うけ

7月20日

夕日の滝に新トイレ完成

夕日の滝に新トイレ完成

高齢者らも使いやすく

7月13日

夏山は計画的な登山を

夏山は計画的な登山を

山岳救助隊が注意喚起

7月13日

県が有毒植物に注意喚起

県が有毒植物に注意喚起

果実食べ、男性食中毒に

7月6日

山北に蒸留所がオープン

山北に蒸留所がオープン

年10万本ウイスキー製造

7月6日

桧家住宅

7月13日㈯、14日㈰現地販売会開催

https://www.hinokiya.jp/bunjyo/kanagawa/202307/56345.html

<PR>

あっとほーむデスク

  • 7月20日0:00更新

  • 7月13日0:00更新

  • 6月29日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook