箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2018年10月26日号 エリアトップへ

モデル1 定年後30年も暮らしやすい平屋

経済

掲載号:2018年10月26日号

  • LINE
  • hatena

 「歳をとると、どうしたって無理できなくなる。だから生活しやすいように」。3年前、平屋に建替えた南部芳隆さん(65)夫妻がこう話すには理由がある。2階建ての家は築30年が経過し、同じ間取りの隣家で暮らす両親の介護にも何かと不自由を感じた。階段の昇り降りや建具の高さ。トイレや廊下の幅一つとっても「車イスが通れるだけではダメ。そこから動作する余裕も考えないと」と妻の久代さん。何もない所ですらつまずく、立ち上がる動作も大変…。介護の実体験から暮らしやすさの重要性を痛感し、将来の生活スタイルを想像して、導きだした答えが平屋だった。

 「定年後を目標に」県内の住宅展示場を隈なく巡り、10年以上かけて建替えを計画。完成した新しい我が家は「シンプルだけど、段差も温度差もなく1年中快適」と声を揃える。つながりを感じる動線は平屋ならではで「いつも気配を感じて心地良い」

 資金面の不安もあったというが「ストレスを感じながら生活したくなかった」というお二人。3年が経過したが「ここが失敗だったという所はない」と話す。「今は定年後30年生きる時代だが、30年って結構長い。これから先楽しく生活するために、思い切って建替えてよかった」という言葉は妙に説得力があった。

箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

壮観の宮入も

5月3〜5日松原神社

壮観の宮入も 文化

5月1日号

北条氏を語る

北条氏を語る 文化

5月2日市民会館

5月1日号

虫の目線になれる

虫の目線になれる 文化

ミュージアムカフェアンドガーデン

5月1日号

山男は絵筆止まらず

山男は絵筆止まらず 文化

大平台の松元さん、7月に個展

5月1日号

テーマは「肉」

夏前に美ボディを…

テーマは「肉」 経済

5月1日号

あっバニラの香り

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク