箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2019年5月1日号 エリアトップへ

予想覆す接戦 冨田氏4選 任期満了に伴う湯河原町長選が4月21日に行われ、現職の冨田幸宏氏(61)が新人で元町議の室伏友三氏(70)を制し4選を決めた。

社会

掲載号:2019年5月1日号

  • LINE
  • hatena
当選の報を聞き、ダルマに目を入れる冨田氏
当選の報を聞き、ダルマに目を入れる冨田氏

8年ぶり投開票

 冨田氏陣営の出陣式には相手陣営の10倍近い500人が来場し、地元議員や国会議員が駆けつける圧勝ムードだったが、結果は接戦とも言える約1300票差。冨田氏は人口減少を念頭に「持続可能な町にしたい」と口元を引き締め、「観光振興は官民連携を進めつつ、行政サービスで可能なものは広域連携し、経常経費を抑える努力をしたい」と述べた。今回の選挙戦については「財政に問題があるなど誤った情報が流れており、説明して正すのが私の責任。この12年で行革はしっかり進めた」と語った。

 室伏氏は元教員で元町議。自然環境(鳥類)関連の見識をもとにアウトドア拠点の設置や、中学給食の実施、役場の職場環境改善などを掲げ、現職をハコモノ行政と批判した。「最初は6人ほどで始めた事がこれほどになったのは大きい。町政に一石を投じられたのではないか。現職は真摯に受け止めるべき」と語った。

 本紙では投票前日、街中の有権者約60人に声掛けして論点を聞いた。投票の判断材料として最も多かったのが「子育て環境」。公園の多さや豊かな自然に満足する声とともに、様々な年齢層の子育て経験者から中学校給食を希望する声が出た。「仕方がない」「町にお金がないのだから」と受け止める人もいた。

 観光振興への関心度も高かった。町は湯元通りを昔ながらの温泉風情を活かす形で整備し、閉館していた老舗旅館が再生したばかり。近くの万葉公園も官民連携でリニューアルする計画を打ち出すなど、温泉場を中心に明るい話題が続く。湯河原の宿泊客数は28年前に133万人のピークを迎えた後に落ち込んだ。昨今は大手会員制ホテルや見学型菓子工場がオープンした効果で57万人(平成28年)〜68万人(29年)〜69万人(30年)と回復しつつある。こうした企業進出も冨田町政の成果と捉える声と、そうではないという声に分かれた。観光振興よりも働き手不足への対策を求める旅館関係者もいた。

 防災面では旧湯河原中跡地に「防災コミュニティセンター」が完成、消防分団詰所や統合保育園の屋上に津波避難施設を設置するなど、地震・津波を念頭にハードが整備されている。その一方で海に面した湯河原中学校を不安視する声が複数あった。屋上への避難ルートなどは整備されているものの、いまだに幼小中の保護者間で話題にのぼるらしい。

 冨田氏がこの選挙戦で繰り返し語った「人口減少の現実の共有」。将来を見据えた布石のひとつに、予約型乗合タクシー「ゆたぽん号」の試験運行がある。交通弱者や不便地対策の切り札として始めているが、本格運行するかは未定。対象エリアから外れた住民からは不安が聞こえる。確実に増える弱者に、行政は今後も寄り添えるのか。町民側は人口減少を受け止めた上で、どう変わるべきなのか。青写真はまだ見えてこない。

選挙前に観光会館で公開討論会も
選挙前に観光会館で公開討論会も
結果が判明し支持者と握手する室伏氏
結果が判明し支持者と握手する室伏氏

箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

壮観の宮入も

5月3〜5日松原神社

壮観の宮入も 文化

5月1日号

北条氏を語る

北条氏を語る 文化

5月2日市民会館

5月1日号

虫の目線になれる

虫の目線になれる 文化

ミュージアムカフェアンドガーデン

5月1日号

山男は絵筆止まらず

山男は絵筆止まらず 文化

大平台の松元さん、7月に個展

5月1日号

テーマは「肉」

夏前に美ボディを…

テーマは「肉」 経済

5月1日号

あっバニラの香り

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク