ホーム > 秦野版 > ローカルニュース > 出雲大社でほおずき市

秦野

出雲大社でほおずき市

10日には龍蛇神の社 遷座祭も
Check
この記事をはてなブックマークに追加
この記事をGoogle Bookmarksに追加
緑に囲まれた龍蛇神の社
緑に囲まれた龍蛇神の社

 秦野の夏の風物詩のひとつ、出雲大社相模分祠の「ほおずき市 朝顔市」が7月8日から10日にかけ、同神社の境内で開催された。

 当日は境内に続く参道に、健康やツキを呼ぶと言われる縁起物のほおずきを始め、朝顔や盆栽、食べ物や飲み物を売る出店が並び、市内、市外から多くの人が足を運んだ。

 また9日と10日は、境内で夏を彩るフラダンスや、昔懐かしいバナナのたたき売り、涼しげなピアノ演奏会などさまざまな催しが開催され、来場者の目を楽しませていた。

 7月10日には、今年同神社内に造営された「龍蛇神の社(りゅうじゃしんのやしろ)」の遷座祭、竣工式が行われた。龍蛇神は、出雲大社に祀られる大国主大神、「だいこくさま」のお使いとされている神様で、「縁結びの神」「福を授ける神」とされている。同神社では、平成19年に植樹された「千年の社」の守護神として造営した。
 

  • 赤が縁起物のほおずき赤が縁起物のほおずき

関連記事

powered by weblio


秦野版のローカルニュース最新5件一覧へ

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク

  • 藤沢
  • 鎌倉
  • 茅ヶ崎
  • 寒川
  • 平塚
  • 大磯・二宮・中井
  • 小田原
  • 足柄
  • 箱根・湯河原・、真鶴
  • 秦野