秦野版 掲載号:2015年2月12日号 エリアトップへ

vol.4 鵜の目鷹の目 秦野市元教育長東海大学講師 金子信夫

掲載号:2015年2月12日号

  • LINE
  • hatena
金子信夫
金子信夫

商売十訓に学ぶ

 私は、社会性に欠けた専門馬鹿の世間知らずと揶揄される教員には絶対になりたくないとの思いから「民間でも通用するプロ教員」を一つの目標としてきました。また、退職後は私立幼稚園か私塾を立ち上げて経営してみたいと夢を語っていたことを思い出します。

 とは言っても「民間経営」や「儲ける」ことの本質や奥義、苦労や難しさを具体的に知ることもないまま、現在に至っています。

 先日、ある商人の方から昔の近江商人たちが大切にした「商売十訓」があるとの話を聞き、さっそく調べてみました。

 一 商売は世の為、人の為の奉仕にして、利益はその当然の報酬なり

 二 店の大小よりも場所の良否、場所の良否よりも品の如何

 三 売る前のお世辞より売った後の奉仕、これこそ永遠の客をつくる

 四 資金の少なきを憂うなかれ、信用の足らざるを憂うべし

 五 無理に売るな、客の好むものも売るな、客の為になるものを売れ

 六 良きものを売るは善なり、良き品を広告して多く売ることはさらに善なり

 七 紙一枚でも景品はお客を喜ばせる、つけるもののないときは笑顔を景品にせよ

 八 正札を守れ、値引きはかえって気持ちを悪くするくらいが落ちだ

 九 今日の損益を常に考えよ、今日の損益を明らかにしないでは、寝につかぬ習慣にせよ

 十 商売には好況、不況はない、いずれにしても儲けねばならぬ

 商売・儲けることへの誇りと自信、謙虚な中に責任感と使命感を持った近江商人の心意気を感じるとともに、現代人が毎日の生活に活かすことができるキーワードが並んでいることに感心しました。プロ教員をめざす学生達にも是非紹介したいと思います。
 

秦野版のコラム最新6

親(おや)と子(こ)の論語(ろんご)

本多勝昭(ほんだまさあき)の その7

親(おや)と子(こ)の論語(ろんご)

11月26日号

親(おや)と子(こ)の論語(ろんご)

本多勝昭(ほんだまさあき)の その6

親(おや)と子(こ)の論語(ろんご)

11月19日号

親(おや)と子(こ)の論語(ろんご)

本多勝昭(ほんだまさあき)の その5

親(おや)と子(こ)の論語(ろんご)

10月22日号

第6回「ビバ渋沢栄一!」

NHK大河ドラマ「青天を衝け」主人公 渋沢栄一が遺したもの 連載寄稿

第6回「ビバ渋沢栄一!」

エッセイスト・加藤正孝(鶴巻)

10月22日号

親(おや)と子(こ)の論語(ろんご)

本多勝昭(ほんだまさあき)の その4

親(おや)と子(こ)の論語(ろんご)

10月15日号

親(おや)と子(こ)の論語(ろんご)

本多勝昭(ほんだまさあき)の その3

親(おや)と子(こ)の論語(ろんご)

10月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月8日0:00更新

  • 8月6日0:00更新 社会

  • 7月16日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

フィンランドの遊びモルック

くずはの家

フィンランドの遊びモルック

「棒倒しゲームで遊ぼう」

12月11日~12月11日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook