秦野版 掲載号:2016年8月25日号 エリアトップへ

「秦野の自然で楽しんで」 南相馬市の子どもと交流

教育

掲載号:2016年8月25日号

  • LINE
  • hatena
流しそうめんを楽しむ子どもたち
流しそうめんを楽しむ子どもたち

 東日本大震災で被害を受けた福島県南相馬市の子どもたちを迎え、秦野市を中心とした子どもたちとの交流会「2016夏保養」が8月9日と10日に表丹沢野外活動センターで行われた。主催は、秦野市の有志で結成した未来kids project(原あずさ代表)。

 同グループは、被災地支援とともに両市の交流の場を作ろうと、南相馬市から親子を招いてフットサル教室や講演会などを開催してきた。

 今回は、未だ外で思い切り遊ぶことができない被災地の子どもたちのため、パン食い競争やカブトムシ捕り、花火などを企画。南相馬市の子ども7人と保護者、秦野市近隣の親子やスタッフの総勢約160人が交流を深めた。

 南相馬市の子どもは「たくさん遊ぶことができて嬉しい」と笑顔。前日には海水浴も行き、小学2年の男児は「海ってしょっぱいね」と久しぶりの感覚に驚いていた。保護者からは「いずれは秦野の皆さんを私たちの町に呼んで恩返しがしたい」という声も聞かれた。

 主催者は「楽しい思い出を通して、お互いに支え合う関係を築けたら」と話した。

秦野版のローカルニュース最新6

合格願うお米今年も

合格願うお米今年も 社会

じばさんずで祈願祭

12月3日号

除菌スプレーを寄贈

飲食店組合

除菌スプレーを寄贈 社会

戸川の松下園に

12月3日号

フィンランドの遊びモルック

くずはの家

フィンランドの遊びモルック 文化

「棒倒しゲームで遊ぼう」

12月3日号

写るん会写真展

犯罪に強いまちづくり、交通死亡事故ゼロめざして

卓越した仕事ぶりで川崎市最高峰の「匠」に

【web限定記事】秦野西小、西中学校出身の塗装技能士・綾部淳さん

卓越した仕事ぶりで川崎市最高峰の「匠」に 社会

今年度「かわさきマイスター」の認定受ける

12月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月8日0:00更新

  • 8月6日0:00更新 社会

  • 7月16日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

フィンランドの遊びモルック

くずはの家

フィンランドの遊びモルック

「棒倒しゲームで遊ぼう」

12月11日~12月11日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook