秦野版 掲載号:2017年9月22日号
  • googleplus
  • LINE

創作人形と油彩のコラボ 松本潤一 込山也寸子二人展

 気鋭の人形作家、松本潤一さんと市内在住の画家込山也寸子さんの二人展が、9月29日(金)から10月1日(日)まで、ギャラリーカフェ月の輪で開催される。時間は午前11時から午後6時。

 松本さんの作品は、1体1体完全に手作り。胴体は木、顔はフォルム粘土を素材とし、着ている服まで自身で作り上げるので、1体3カ月から半年の制作時間を要する。松本さんは「女性ならでは美を表現した。ぜひ女性に見ていただいて感想を聞かせてください」と話す。一方込山さんは市内で長年絵画教室を主宰。15年ぶりの個展となる今回は、油彩を中心に丹精込めて制作した作品を数多く展示。芸術の秋にふさわしいイベントとなっている。
 

秦野版のコラム最新6件

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

市内の広告アートが集う

市内の広告アートが集う

桜土手古墳展示館で

6月30日~7月22日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月13日号

お問い合わせ

外部リンク