旭区版 掲載号:2017年10月5日号
  • googleplus
  • LINE

南口再開発 二俣川に新たな商業施設 来年4月オープン予定

経済

JOINUS TERRACE二俣川の完成イメージ
JOINUS TERRACE二俣川の完成イメージ
 相鉄グループの(株)相鉄アーバンクリエイツと(株)相鉄ビルマネジメントはこのほど、相鉄線・二俣川駅南口に新たな商業施設「JOINUS TERRACE(ジョイナス テラス)二俣川」を開業することを発表した。同駅南口地区で進む再開発に伴い整備され、2018年4月下旬の開業を予定している。

 相鉄本線といずみ野線の分岐点である同駅。現在、南口地区では交通拠点にふさわしい交通広場や道路などの整備、商業施設や都市型住宅などの導入を図り、魅力あるまちを形成する目的で再開発事業が進められている。

 同施設はこの再開発によって整備される施設「COPRE(コプレ)二俣川」の商業棟(2〜5階)と、再開発にあわせて同駅上部に増築する駅舎ビル内商業エリアの二つの建物で構成される。商業棟2階に中核テナントとしてスーパー「そうてつローゼン」が入り、5階に認可保育園が入居予定。全体で約90店舗が誘致され、横浜市西部最大級の駅一体型開発による商業施設が誕生することになる。

 今後、10月を目安に公式ウェブサイトが開設し、出店店舗などの情報を随時発信していくという。相鉄グループの担当者は「二俣川における新たなライフスタイルの中核地点、そして地域社会にとっても新たな中核となるような施設になれば」と話す。

 相鉄線は19年度下期にJR線、22年度下期に東急線との直通運転を開始予定。都心部とつながることで同駅周辺はさらなる発展が期待されている。

地域活性化に期待の声

 新たな商業施設の誕生に、近隣地域からは地域活性化を期待する声があがっている。施設に近い二俣川駅南口商店会の渡邉敏生さんは「新しい商業施設ができるのをきっかけに、南口、北口ともまち全体の活性化になれば。商業施設と商店会で共存共栄していきたい」と話す。一方、同駅北口では「北口の個店は大変になるかもしれない」と二俣川商栄会の坂本栄会長から不安の声も。それでも「人が集まることはいいこと。相鉄線が都心とつながることで北口にも人が来てくれれば」と期待も込める。同じく北口の二俣川銀座商店会の目黒惠一会長は「南口再開発だけでなく西友の改装も含め、二俣川全体が変わることが楽しみ。北口も南口も活気づけば」と話した。

旭区版のトップニュース最新6件

「横浜らしさ」を重視

新市庁舎商業施設

「横浜らしさ」を重視

12月14日号

旭区勢で初の栄冠

今宿東キングローズ

旭区勢で初の栄冠

12月14日号

民泊新法受け条例案

横浜市

民泊新法受け条例案

12月7日号

「みなくる」が10周年

事務負担 軽減化進む

市教職員

事務負担 軽減化進む

11月30日号

ストーブ火事などに注意喚起

旭消防署

ストーブ火事などに注意喚起

11月30日号

2018年3月オープン

東戸塚に介護付ホーム、介護付有料老人ホーム新設。資料請求、ご入居相談受付中。

http://sweetpea.co.jp/news/office/nursinghome-higashitotsuka

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月14日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク