瀬谷区版 掲載号:2017年9月14日号
  • googleplus
  • LINE

「幸せを呼ぶ?」青いハチ貉窪公園で発見

社会

発見したナミルリモンハナバチ(中村さん提供3日撮影)
発見したナミルリモンハナバチ(中村さん提供3日撮影)
 目を引く青い縞模様が特徴の「ナミルリモンハナバチ」が9月3日、阿久和西の貉窪(むじなくぼ)公園で発見された。「幸せを呼ぶ青いハチ」などとも呼ばれており、「いきものたちの谷戸観察会」メンバーで発見者の中村多加夫さんによると、「瀬谷区で見かけたのは初めてなのでは」という。

 「ホタルがいた頃の環境を復活させよう」と、園内の環境や生態系保護のため、月に一度観察会を行っている同会。3日はその定例会の日で、中村さんは「キツネノマゴ」という野草の花をカメラで撮影していたところだった。ふと見ると、目線の先に青いハチがやってきたため、「こんなに青くて綺麗なハチがいるものだろうか」と夢中で写真を撮ったという中村さん。調べたところ、ハチ目ミツバチ科の「ナミルリモンハナバチ」に行き着いたという。

個体数は減少傾向

 国内では本州や四国、九州などに幅広く分布し、関東でも姿を見ることはできるが、各地での個体数は少ないとされるナミルリモンハナバチ。県によっては絶滅危惧I類やII類に指定されている。特徴は雌雄ともに、身体の各部に入っている青白色の紋様。同園ではキツネノマゴが一面に群生しているエリアがあり、中村さんは「花から花へと移動して飛んでいた。蜜を吸いに、どこからか来たのでは」と話した。

 瀬谷区で観察できるハチの種類は多く、「ハナバチ」は15種類以上生息しているとみられる。中村さんは3日以降にも同所で姿を確認。触角の有無から「2個体以上の生息が考えられる」と話している。

 発見場所の貉窪公園の一角はロープが張られ、日頃は観察会メンバー以外の立ち入りは禁止されている。

発見場所を説明する中村さん
発見場所を説明する中村さん

瀬谷区版のローカルニュース最新6件

大成祭典 希望が丘葬祭センター

葬儀のことなら何でもご相談ください。

http://www.taisei-saiten.co.jp/

<PR>

瀬谷区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

各流派の踊り楽しむ

瀬谷舞踊愛好会

各流派の踊り楽しむ

公会堂で「集い」

11月25日~11月25日

瀬谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年11月16日号

お問い合わせ

外部リンク