戸塚区版 掲載号:2012年10月11日号

著書『薬種御庭番』で朝日時代小説大賞候補に選ばれた作家

高田在子(ありこ)さん

(ペンネーム) 区内在住 40歳

「人間」書ける喜び

 ○…「どんな時代であっても、書きたいのは”人間”」。著書『薬種御庭番(やくしゅおにわばん)』(青松書院刊)で「第2回 朝日時代小説大賞」(2010年)の候補に残った。同書は徳川吉宗統治の幕府下、「採薬師」として働いた主人公の心の葛藤を書いた物語だ。「仕事を通して主人公が成長する内容は現代社会にも通じる」と説明する。

 ○…区内で生まれ育った。中学生のころから詩や物語をノートに書きつづっていたという。「小説家になりたい」という思いは漠然とあった。高校生の進路決定の際、福祉の道を選ぼうとしたものの、小説家への道を捨てきれない自分に気づいた。「中途半端な気持ちで福祉の仕事はできない」と進路を変更し、短大の国文科へ。卒業後は種苗会社へ就職し、勤務しながら小説の勉強を続けた。24歳で会社の同期だった夫と結婚し、退職。27歳で息子を出産したが、夫が出産間近で退職してしまった。「資格勉強に勤しむ夫と子どものおんぶを交代しながら、机に向かったこともあります」と笑う。夫の新しい仕事が軌道に乗り始めた矢先、実家の祖母が倒れてしまった。幼い子どもを連れて介護の手伝いに通う日々。そんな中でも小説を書き続けることはやめなかった。

 ○…子ども、家、自分の好きなこと…。何を犠牲にするのか悩んだこともある。「専業主婦になって自分の夢を見失ってしまったり、母だから自分の好きなことを優先してはいけないと悩んでいる人もいる。でも私は、夫と子どもが背中を押してくれ、夢を追い続けることができるから幸せ」と感謝する。「一生書かない自分は想像できない」。書き続けられる喜びは何ものにも代えがたい。

 ○…現在は時代小説の執筆に力を入れるが「どんなジャンルが合っているかは模索中。とらわれず書いていきたい」という。一貫して書きたいのは「人が葛藤する姿」。時代を超えたテーマは、執筆への飽くなき欲求につながっている。
 

戸塚区版の人物風土記最新6件

森 大樹(だいじゅ)さん

第66代(一社)横浜青年会議所理事長に就任した

森 大樹(だいじゅ)さん

1月19日号

木村 行枝さん

「キララの教室」コンサート企画委員長を務めた

木村 行枝さん

1月12日号

三村 亜生(あおい)さん

女子15人制ラグビー日本代表として12月のワールドカップ地区予選に出場した

三村 亜生(あおい)さん

1月5日号

黒田 茂淳さん

東汲沢小学校コミュニティハウスの館長として自主事業を行う

黒田 茂淳さん

1月1日号

浜岡 久二夫さん

戸塚区を中心に福祉施設への慰問活動を行っている歌手の

浜岡 久二夫さん

12月15日号

齋藤 節治さん

創立60周年を迎えた戸塚区剣道連盟会長の

齋藤 節治さん

12月8日号

関連記事(ベータ版)

戸塚区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年4月20日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/