金沢区・磯子区版 掲載号:2017年3月2日号

金沢区在住小竹さん

「お米」応援ソングを作曲 教育

キャラクター化で親しみを

キャラクター「お米マン」を持つ小竹さん
キャラクター「お米マン」を持つ小竹さん

 金沢区在住の小竹一臣さんがこのほど、米を題材にした楽曲を作曲した。歌詞に登場する「お米マンOKOME-MAN」をキャラクター化。小竹さんは「若年層を中心とした子どもたちが、お米に興味や親しみを持ってもらえる機会にしたい」と話す。

 動画配信サイトYouTubeで公開されている楽曲は、正義の味方「お米マン」が米を食べて活躍するストーリー。特に若年層に興味を持ってもらいたいと、分かりやすい歌詞を使い、アップテンポで軽快な曲調に仕上げた。

 小竹さんは、磯子区で行政書士事務所の代表を務めるかたわら、音楽活動にも取り組んでいる。過去にはCMサウンドロゴなどを作曲。今回、米にスポットをあてたのは若年層の米離れへの危惧から。磯子区の小中学校で学校運営協議会委員を務め、児童、生徒と接する中で感じた思いだ。両親が山形県出身で現在も親戚が米農家を営んでいることも作曲した理由。近年の農家を取り巻く環境の厳しさを聞いていた小竹さんは、歌で業界を盛り上げたいとお米マンを作曲した。

子どもたちが歌唱

 「子どもたちに聞いてもらい、親しみを持ってもらいたい」と歌詞に登場するお米マンをキャラクターとしてイラスト化した。歌唱は少年少女合唱団「あおばキッズ」(青葉区)に依頼。若年層の目線で制作することで、「日本古来の基本フードであるお米の食文化を知ってもらいたい」との狙いを持つ。

実行委員会立ち上げ

 楽曲制作を機に、制作に携わったメンバーらで「お米マンプロジェクト実行委員会」を発足させた。今後は米の流通を促進する活動の展開も視野に入れている。すでに業界からも注目を集めており、米の生産が盛んな高知県四万十市との交流も始まっている。小竹さんは「楽曲やお米マンのキャラクターを通して、全国の米農家に光をあてられたらうれしい」と話し、活動に力をいれていく。

 楽曲はYouTubeで視聴できる。
 

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6件

こども食堂担い手育成

磯子区役所・区社協

こども食堂担い手育成

3月23日号

拡張が完了、お披露目へ

杉田臨海緑地

拡張が完了、お披露目へ

3月23日号

空き家がシェアハウスに

京急・金沢区・横浜市大

空き家がシェアハウスに

3月16日号

口腔ケア推進で連携

横浜市立大と歯科医師会・市

口腔ケア推進で連携

3月9日号

オール滝頭が初優勝

少年野球クリーンカップ

オール滝頭が初優勝

3月9日号

「テレワーク」普及に本腰

横浜市

「テレワーク」普及に本腰

3月2日号

関連記事(ベータ版)

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年3月23日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/