中区・西区版 掲載号:2014年7月24日号

自主制作映画「さなぎ」を野毛地区センターで上映する

三浦 淳子さん

港北区在住 53歳

8ミリに魅せられた人生

 ○…ドキュメンタリー映画監督として作品の撮影から編集、配給、宣伝までほぼ全てを独力で行う。興味あるテーマのために対象を見つけて客観的に撮るのではなく、自分の心に響いたものを撮影、自らの作風を「私的ドキュメンタリー」と呼ぶ。その記録は長いもので10年を超えるものも。「一般論ではなく、私が見たものを伝えるのが私のやり方。シナリオを作らず、自然の流れの中の偶然の出会いを大切にしたい」と真っ直ぐな瞳で語る。

 ○…港北区で生まれ育つ。小学校では内向的だった少女が映画撮影に興味を持ったのは、フェリス女学院高校時代に観た黒澤明の「白痴」。ドストエフスキーの作品を黒沢監督が独特の感性で作り上げた世界観を観て劇映画に夢中になった。「私も自分の想いや何かを表現できるようになりたい」。模索の旅が始まった。早稲田大学時代は演劇部に所属。卒業後、劇団転形劇場を経て、広告代理店に勤務。仕事をしながら多摩美術大学に夜間通い、8ミリカメラと出会う。学校の課題提出用に撮影した祖父の日常から偶然知った過去を追った「トマトを植えた日」が92年イメージフォーラムフェスティバルで大賞を受賞。自分なりのメディアを手にした瞬間だった。

 ○…42歳で代理店を早期退職し監督業に本格挑戦。タイの山岳民族の子どもたちを追った「空とコムローイ」は京都国際子ども映画祭長編部門でグランプリを受賞。数々の作品を手掛ける中で自主制作ならではの収支の難しさも抱えるが、「規制や枠にとらわれるのは嫌」と自主のドキュメンタリーにこだわり続ける。

 ○…作品を撮り続けて24年。今でも初めて自分の作品がスクリーンで上映された時の感動が忘れられない。「あれが今の誤った道への甘い罠だったのかな」といたずらっぽく笑う。今も1、2本の作品を撮影中。「この道にはまってしまった者として、行けるとこまで歩んでみたい」

中区・西区版の人物風土記最新6件

飯田 聖美さん

横浜少年少女合唱団の指揮者を務める

飯田 聖美さん

1月19日号

森 大樹(だいじゅ)さん

第66代(一社)横浜青年会議所理事長に就任した

森 大樹(だいじゅ)さん

1月12日号

岡村 信悟さん

(株)横浜DeNAベイスターズ代表取締役社長に就任した

岡村 信悟さん

1月5日号

堀 潤さん

横浜平沼高校出身で「市民記者」の活動を支援するNPO法人の代表を務める

堀 潤さん

1月1日号

野島 廣司さん

家電販売の(株)ノジマ社長で「横浜ビジネスグランプリ」審査員長を務める

野島 廣司さん

12月22日号

松前 祐人(まさと)さん

様々なイベントを通して笑顔を届けるプロジェクトを牽引する

松前 祐人(まさと)さん

12月15日号

関連記事(ベータ版)

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

消防ヘリ来たる

消防ヘリ来たる

根岸森林公園

11月30日~11月30日

中区・西区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • ゆずの素めぐり

    デビュー 祝 20周年

    ゆずの素めぐり

    中区 横浜みなとみらい万葉倶楽部

    11月23日号

  • ゆずの素めぐり

    デビュー 祝 20周年

    ゆずの素めぐり

    特別編 パシフィコ横浜ライブ  

    11月16日号

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年11月23日号

お問い合わせ

外部リンク