南区版 掲載号:2017年8月3日号
  • googleplus
  • LINE

「バラ」通じて文化発信を 文化

六ツ川で市民企画

バラについて説明する山下さん(中央)ら
バラについて説明する山下さん(中央)ら
 横浜市の花である「バラ」を通じて文化発信やコミュニケーション作りを図るためのイベントが7月28日、六ツ川の「トミーズカフェ」で行われた。

 「バラの国」として知られるブルガリアのローズを日本に広める活動を行う一般社団法人「ブルガリアンローズ文化協会」(山下文江理事長)が6月2日を「ローズの日」として日本記念日協会に申請し、認定されたことを受けた取り組み。同協会の活動に賛同した同店店主の山田ベンツさんがイベントを企画した。

 山下理事長や駐日ブルガリア共和国大使館のイリヤナ・コストヴァさんらがブルガリアのローズについて説明。山下理事長は「ブルガリアでは、親しい人の間でバラの花を贈る習慣もある」とバラの存在がコミュニケーションを図ることにもつながっているとした。

 山田さんはバラをモチーフにしたラム酒を使ったカクテルを披露。印刷会社「大川印刷」=戸塚区=の大川哲郎社長は、バラの香りがするカードを使い、感謝の気持ちを伝える取り組みを提案した。

 山田さんは「これからもバラを通じた、『ありがとう文化』『おもてなし文化』の醸成、発信に取り組みたい」と話し、市の花を広めたいとした。

関連記事powered by weblio


南区版のローカルニュース最新6件

南区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年10月19日号

お問い合わせ

外部リンク