南区版 掲載号:2017年9月7日号

県立こども医療センター

ランナー専用シャツ作製 社会

医師「マラソンで勇気を」

「ランまるTシャツ」を着てランナー専用シャツを持つ山崎さん
「ランまるTシャツ」を着てランナー専用シャツを持つ山崎さん
 六ツ川にある県立こども医療センターの山崎雄一郎医師が中心となって行う「横浜マラソン」で同じユニフォームを着て走ろうという「Run for Kids(ラン・フォー・キッズ)」プロジェクトでこのほど、ノースリーブのランナーシャツが完成した。

取り組み4年目

 プロジェクトは病気と闘う子どもや選手、応援する人に勇気を与えようと2014年に立ち上げた。15年、16年の過去2回の横浜マラソンでは、取り組みに賛同したそれぞれ約80人のランナーがオリジナルキャラクター「ランまる」が描かれた半袖Tシャツを着用し、横浜のまちを走った。また、Tシャツを着た多くの人が沿道で声援を送った。

 10月の17年大会に向けて水色が基調の半袖Tシャツ約500枚を販売。収益は同センターで子どもや家族の支援を行うボランティア団体「オレンジクラブ」の活動費などに充てられる。さらに、これまでにTシャツを着て走ったランナーからの要望もあってノースリーブのシャツを作製した。山崎さんは「病気で苦しむ子どものことや、小児病院の存在をもっと多くの人に知ってもらいたい」という。

心つなぐシャツに

 横浜マラソンにはチャリティー出場枠が設けられており、今回から寄付先に同センターの「かながわ県立病院小児医療基金」が加わった。小児医療の向上や子どもの健康増進を応援したいというランナーがこれまで以上に多く参加する。山崎さんは「チャリティー枠のランナーや子どもを思う親など、さまざまな人が同じシャツを着てチームの一員として走り、心をつなげるシャツになれば」と話す。

 ノースリーブシャツは1枚1500円。同センターホームページで9月20日まで注文を受け付ける(限定100枚)。また、応援でも着用できる半袖TシャツはSサイズ、140cmのみ少量販売している。

関連記事powered by weblio


神奈川こすもすのお葬式プラン

100人いれば、100通りのお葬式を

http://kgcms.co.jp/

<PR>

南区版のローカルニュース最新6件

南区2社が受賞

かながわ産業Navi大賞

南区2社が受賞

9月14日号

虹フェス、防災企画と共催

中村地区

虹フェス、防災企画と共催

9月14日号

市内屈指の神輿渡御

日枝神社

市内屈指の神輿渡御

9月14日号

国際色豊かな文化祭

「昭和」と「秋」感じる演奏会

店主の「技」に驚き

南区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

吉田新田の「人」写す

吉田新田の「人」写す

19日から区庁舎で作品展

9月19日~9月29日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年9月21日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク