神奈川区版 掲載号:2014年7月24日号

関東学生陸上競技連盟推薦校選考会を1位で通過した神奈川大学陸上競技部駅伝チームの監督を務める

大後 栄治さん

港北区在住 49歳

「才能」に勝つ「努力」追求したい

 ○…学生駅伝チームの日本一を決める「全日本大学駅伝大会」の出場権を2年ぶりに奪取した。8人の1万m走の総合タイムを競う大会。「走る8人に選ばれなかったサブのメンバーがチーム内を戦う雰囲気にしてくれた。これが勝因だったと思う」。昨年の予選落ちはチームが一丸となれなかったことが要因と分析していた。今年は部員一人ひとりの役割を明確化。選考から漏れたメンバーに選手のフォロー役を課したことがチームの快走を引き出した。「課題はレース経験が少ないこと。11月の本大会までに実践を重ねたい」

 ○…同大学で指導を始めて26年。常に心がけてきたのが「根拠のある練習」を行うこと。練習の意味や根拠を選手と共有し、個々が目的を理解しながら練習に励むことが大切だと考えた。重心を効率よく前へ出すフォームづくりもそのひとつ。自分の重心に意識をもっていくべく、練習に縄跳びを取り入れるなどして選手が「頭」と「身体」で”練習の収穫”を感じられる指導を実践してきた。

 ○…高校卒業後、箱根駅伝出場を目指し駅伝の強豪大学に入学。怪我もあり2年生からは学生コーチとしてチームの練習を見るようになった。同じ練習をしても選手によって速さに違いがでることに疑問をもった事が原点。効率良く、その選手にあった練習法さえ見つけられれば並居る「天才たち」に打ち勝つことも不可能ではないはずと考えた。「特に駅伝は団体戦。すべてスター選手で揃えられる場合を除いて、どんな布陣でも速く走れる手段を考えることは不可欠」 

 ○…2人の子どもには「自分の好きな事を仕事にする喜び」を伝えるようにしている。天才と呼ばれた往年のスター選手たちが監督として名を連ねる駅伝界に挑む日々はまさに試行錯誤の連続だが、無名だった選手が大きく羽ばたく姿やチームが一丸となって結果を残す体験にこの上ない充実感を感じている。

神奈川区版の人物風土記最新6件

長澤 和子さん

元教員による学習支援ボランティアの代表を務めている

長澤 和子さん

1月19日号

飯田 聖美さん

横浜少年少女合唱団の指揮者を務める

飯田 聖美さん

1月12日号

森 大樹(だいじゅ)さん

第66代(一社)横浜青年会議所理事長に就任した

森 大樹(だいじゅ)さん

1月5日号

岡村 信悟さん

(株)横浜DeNAベイスターズ代表取締役社長に就任した

岡村 信悟さん

1月1日号

渡辺 蘭子さん

12月30日に閉店する喫茶店「コーヒーショップ キャメル」のオーナーを務める

渡辺 蘭子さん

12月22日号

吉川(きっかわ) 光洋さん

地域食堂を始めた大口駅周辺の経営者グループ「大口夢」の会長を務める

吉川(きっかわ) 光洋さん

12月15日号

関連記事(ベータ版)

神奈川区版の関連リンク

あっとほーむデスク

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年4月27日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/